このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2014.10.26

さくらVPSにConfluenceをインストールしてみました!

どもです。

業務でもconfluenceを利用しているのですが、ふと、インストールしたくなって「さくらVPS」にインストールしてみました。

confluence 公式

https://www.atlassian.com/ja/software/confluence

confluenceはwikiのパワーアップした感じといえばよいか、チームでナレッジなどを残していくには最適のツールとなっております。

confluenceはサーバーの必要のない「オンデマンド(クラウド型)」と「ダウンロード(オンプレミス型)」があります。

オンデマンド

ダウンロード

オンデマンドは月額支払い制、パッケージは払いきりのタイプとなります。

どちらも使用するユーザー数によって値段が異なってきます。

今回はパッケージ型をインストール。

パッケージ版はMac版、Win版、Linux版とありますが、今回はさくらサーバー centOSを対象にインストールを行うので、Linux版をインストールしていきます。

インストール

(実行権限のあるユーザーで行ってください。)

wgetでパッケージをダウンロード

wget http://www.atlassian.com/software/confluence/downloads/binary/atlassian-confluence-5.3.4-x64.bin

実行権限を付与

chmod +x atlassian-confluence-5.3.4-x64.bin

実行!

./atlassian-confluence-5.3.4-x64.bin

インストール設定の為、色々と聞かれますがデフォルトの設定で問題ないかと思いますので、リターンを連打!

service confluence restart

この状態で、http://アドレス:8090/ にブラウザでアクセスすればconfluenceが表示するのですが、

ポートを解放しておかないといけませんので、iptablesを修正。

vi /etc/sysconfig/iptables

以下を追加して

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8090 -j ACCEPT

適応。

/etc/init.d/iptables restart

登録

http://アドレス:8090/をアクセスすると、confluenceが表示しますのでライセンスキーを入力すれば利用できるのですが、ない方はセットアップを行っていきます。

atlassianの製品などを使ってアカウントをお持ちの方はそのままログインして頂き、セットアップを、ない方はアカウントを作成してセットアップを行いましょう。

今回は、1~10ユーザーの 30日無料で使える評価版を選択。

セットアップ完了後、無事インストールでき編集もできるのを確認できました。

では、良いconfluence生活を。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。