このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

AI(ChatGPT)に聞くDart言語

Dart

2023.03.12

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

いやぁ。AI・ChatGPT盛り上がっていますね。

使っていますか?

ということで、今回はAI(ChatGPT)にDart言語について聞いた内容をツラツラと書き起こして見たいと思います。

というのも、もうDart言語の概要に関しては様々のところで記述もされているので改めて書く必要もないかなといったところなので、それならばAIに聞いて見ましょう。という感じです。

Dart言語について

Dart(ダート)は、Googleによって開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。Web開発やモバイルアプリ開発などの分野で使用されます。 Dartは、JavaやC++などの言語に似た構文を持ち、静的型付け言語です。また、JavaScriptコードに変換可能なコンパイラも備えています。

Dart言語の主な特徴は以下の通りです。

1. オブジェクト指向プログラミング

Dartは、オブジェクト指向プログラミングに基づいています。クラスやインターフェースのサポートにより、コードの再利用性と保守性が向上します。

2. 静的型付け

Dartは、静的型付け言語であり、開発中に型エラーを検出することができます。これにより、コードの品質を向上させ、バグの発生を減らすことができます。

3. コンパイラ

Dartは、JavaScriptコードに変換可能なコンパイラを備えています。これにより、Web開発にも利用することができます。

4. リアクティブUIフレームワーク

Dartは、AngularDartと呼ばれるリアクティブUIフレームワークを備えています。これにより、動的なWebアプリケーションの開発が容易になります。

Dart言語は、Web開発やモバイルアプリ開発などの分野で利用される、オブジェクト指向の静的型付け言語です。また、JavaScriptコードに変換可能なコンパイラやリアクティブUIフレームワークのサポートがあります。

データ型について

Dartには、以下のようなデータ型があります。

  • int:整数値を扱うためのデータ型
  • double:浮動小数点数を扱うためのデータ型
  • bool:真偽値を扱うためのデータ型(trueまたはfalse
  • String:文字列を扱うためのデータ型
  • List:リスト(配列)を扱うためのデータ型
  • Map:キーと値のペアを扱うためのデータ型

また、Dartは動的型付けにも対応しています。動的型付けでは、変数の型を宣言せずに値を代入することができます。Dartは、動的型付けと静的型付けの両方をサポートしています。

Null Safetyについて

Dart言語のNull Safetyは、変数がnullの可能性がある場合にコンパイルエラーを発生させる機能です。これにより、実行時にnull参照エラーが発生する可能性を減らすことができます。

Dart 2.12から、Null Safetyがデフォルトで有効になりました。Null Safetyを使うには、変数の宣言時に?を付ける必要があります。例えば、String? nameと宣言することで、name変数がnullである可能性があることを示すことができます。

また、Null Safetyを使用する場合、nullでないことが保証されている変数に対してnullを代入することはできません。代わりに、nullを許容する変数に対しては?を使用する必要があります。

Null Safetyは、コードの品質を向上させ、バグの発生を減らすことができます。しかし、既存のコードをNull Safetyに対応させる場合には、手作業での修正が必要な場合があります。

 

と、凄くないですか?

ここまで、10秒足らずで生成してもらいました。。

マジですごい。もう自ら書く必要もなくなって来そうですね。。

触りや概要に関してはAIに書いてもらい、ちょっとマニアックなところは自ら書くって感じが良さそうですね。

ちょっと気になったところは、Dartの説明で、FlutterではなくAngularDartを持ってきたところ。

Flutterに関しては全く出ていないところですね。

なんでだろう。

と言った感じで今回は終わりますー。

ではではぁ。

Comment

Related Article

AI(ChatGPT)に聞くDart言語

2023.03.12

DartパッケージでPub Pointsを満点にする

2023.03.11

Dartパッケージをサクッと作成する

2023.03.07

DartでさくっとCLIツール作成。

2023.02.28

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Rust - Actix Web JWT 認証認可 APIの作成

Rust

2024.02.25

Rust - Actix Web × JSON 静的ファイルをAPIで返却

Rust

2024.01.19

Rust - Actix Web × MongoDB環境をサクッと起動

Rust

2024.01.18

5分で学ぶ RustでWave Function Collapse (波動関数崩壊アルゴリズム)

Rust

2024.01.15

LLaMAモデル GGMLフォーマット(llama.cpp)をRustフレームワーク Leptosを用いて M1MacMiniでサクッと動かす。

Rust

2024.01.11

2024年 狙っているモバイルノートPC

tool

2024.01.07

MacOS XcodeにSDL2を追加

tool

2023.12.26

php 7.4にアップデート

PHP

2023.12.24

5分で覚える Flutter Flameで作る Wave Function Collapse - 波動関数崩壊アルゴリズム

AI・Bot・algorithm

2023.12.20

Flutter - Flameでゲーム作成 (キャラクターの移動)

Flutter

2023.07.23

Flutterで作る ChatGPT Prompt Manager

Flutter

2023.07.12

【M1 Mac】Python ScrapyがImportErrorで大ハマリ。lxmlなど環境作成し対応した件。

Python

2023.05.24

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US