このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Mavenを用いたアプリケーション作成方法

Java

2018.11.24

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今回は、ビルドツールであるMavenを用いて、JavaアプリをMavenでビルドする方法となります。

Maven ダウンロードページ

https://maven.apache.org/

ダウンロードページは上記のリンクとなります。

まずは、Mavenをダウンロードしていきます。

ダウンロード対象ページ

https://maven.apache.org/download.cgi

こちらにリリースされたファイルがアップロードされていますので、こちらから該当ファイルをダウンロードしていきます。

ダウンロードファイルには「binary」と、「Source」があり、それぞれ以下のようなファイルが格納されております。

  • Binary tar.gz archive
  • Binary zip archive
  • Source tar.gz archive
  • Source zip archive

Binary

Source

とりあえずは、「binary」の方で良いかと思います。

2018年11月現在、 v3.6.0が最新のようなのでこちらをダウンロードしていきます。

リンクをクリックして、ファイルをダウンロードします。

Maven セットアップ

ファイルダウンロード完了したら、任意の場所へと移動します。

とりあえず「/usr/local/」以下に格納。

$ mv apache-maven-3.6.0 /usr/local/apache-maven-3.6.0

コマンドが使用できるようにパスを通します。

.bash_profile」などにパス追加を記述。

.bash_profile

export PATH=/usr/local/apache-maven-3.6.0/bin/:$PATH
export PATH

プロジェクト生成

パスを通すとMaven実行コマンドである「mvn」が使用できるようになります。

早速、以下のコマンドでプロジェクトを生成していきます。

mvn archetype:generate

初回実行時には、諸々のインストールが始まるかもしれません(時間がかかりました)

コマンド実行後、最後に以下のメッセージが表示するかと思いますので、こちらから対話式に初期設定を行っていきます。

Choose a number or apply filter (format: [groupId:]artifactId, case sensitive contains): 1285:

上記のメッセージが表示しましたらリターンキーを押下。

・クイックスタート・バージョンの選択

続いて、「クイックスタート・バージョン」の選択を行っていきます。

デフォルトでは、以下のように最新の「1.3」が選択されている状態なので、特に変更なければそのままリターンキー押下。

Choose org.apache.maven.archetypes:maven-archetype-quickstart version:
1: 1.0-alpha-1
2: 1.0-alpha-2
3: 1.0-alpha-3
4: 1.0-alpha-4
5: 1.0
6: 1.1
7: 1.3
Choose a number: 7:

・グループID入力

続いてグループID入力を求められるので、Javaのパッケージ名を入力します。

Define value for property 'groupId':

今回は「com.webcyou.maven」と入力。

入力後リターンキーを押下。

com.webcyou.maven

・アーティフェクトIDの入力

続いてアーティフェクトID入力を求められるので、こちらは「アプリケーション名」を入力していきます。

Define value for property 'artifactId':

今回は「MavenSample」と入力。

入力後リターンキーを押下。

MavenSample

・バージョンの入力

続いて、プロジェクトをWARファイルなどに変換する際に、デフォルトで付与されるバージョンテキストの入力を求められます。

Define value for property 'version' 1.0-SNAPSHOT: :

デフォルトでは、「1.0-SNAPSHOT」となっていますので、特に変更なければそのままリターンキーを押下。

・パッケージ名指定

続いて、プロジェクトのプログラムにデフォルトで設定されるパッケージの入力を求められます。

Define value for property 'package' com.webcyou.maven: :

デフォルトでは、先程入力したグループIDである「com.webcyou.maven」となっていますので、特に変更なければそのままリターンキーを押下。

Define value for property 'package' com.webcyou.maven: :
Confirm properties configuration:
groupId: com.webcyou.maven
artifactId: MavenSample
version: 1.0-SNAPSHOT
package: com.webcyou.maven

と、ここまで入力すると、今まで入力した内容が表示されます。

・生成を実行

以下の様に「Y::」と言った表示になります。

Y: : 

上記の入力した内容で問題なければそのまま、リターンキーを押下。

プロジェクト生成が開始されます。

[INFO] ----------------------------------------------------------------------------

[INFO] Using following parameters for creating project from Archetype: maven-archetype-quickstart:1.3

[INFO] ----------------------------------------------------------------------------

[INFO] Parameter: groupId, Value: com.webcyou.maven

[INFO] Parameter: artifactId, Value: MavenSample

[INFO] Parameter: version, Value: 1.0-SNAPSHOT

[INFO] Parameter: package, Value: com.webcyou.maven

[INFO] Parameter: packageInPathFormat, Value: com/webcyou/maven

[INFO] Parameter: package, Value: com.webcyou.maven

[INFO] Parameter: version, Value: 1.0-SNAPSHOT

[INFO] Parameter: groupId, Value: com.webcyou.maven

[INFO] Parameter: artifactId, Value: MavenSample

[INFO] Project created from Archetype in dir: /Users/takayamadaisuke/maventest/MavenSample

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] BUILD SUCCESS

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] Total time:  03:08 min

[INFO] Finished at: 2018-11-23T15:00:46+09:00

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

問題がなければ「BUILD SUCCESS」のメッセージ表示され、プロジェクトが生成されます。

プロジェクトが生成内容確認

問題なくプロジェクトが生成されると、以下の様なディレクトリとファイルが存在しているかと思います。

各ファイルの詳細は以下の通り。

srcフォルダ ソースコードがまとめられているフォルダ。主な開発プログラムファイルはこちらに格納
pom.xml プロジェクトの内容を記述したXMLファイル。

こちらの内容を元にビルドが行われる。

srcフォルダ以下は「main(主なプログラム)」と「test(mainに対するテストプログラム)」の2種類となっております。

mvn コンパイルコマンド

ソースコードをコンパイルするコマンドは「mvn compile」コマンドで行うことができます。

$ mvn compile

おもむろに実行してみると。

[INFO] Scanning for projects...

[INFO]

[INFO] -------------------< com.webcyou.maven:MavenSample >--------------------

[INFO] Building MavenSample 1.0-SNAPSHOT

[INFO] --------------------------------[ jar ]---------------------------------

[INFO]

[INFO] --- maven-resources-plugin:3.0.2:resources (default-resources) @ MavenSample ---

[INFO] Using 'UTF-8' encoding to copy filtered resources.

[INFO] skip non existing resourceDirectory /Users/takayamadaisuke/maventest/MavenSample/src/main/resources

[INFO]

[INFO] --- maven-compiler-plugin:3.7.0:compile (default-compile) @ MavenSample ---

[INFO] Changes detected - recompiling the module!

[INFO] Compiling 1 source file to /Users/takayamadaisuke/maventest/MavenSample/target/classes

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] BUILD SUCCESS

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] Total time:  0.912 s

[INFO] Finished at: 2018-11-23T15:07:02+09:00

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

上記のメッセージが表示した後。

プロジェクト内に「target」フォルダが作成されました。

mvn パッケージコマンド

プログラムのコンパイル、ビルド、ユニットテストをまとめて実行するコマンドが「mvn package」コマンドとなります。

$ mvn package

こちらもおもむろに実行してみます。

[INFO] --- maven-jar-plugin:3.0.2:jar (default-jar) @ MavenSample ---

[INFO] Building jar: /Users/takayamadaisuke/maventest/MavenSample/target/MavenSample-1.0-SNAPSHOT.jar

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] BUILD SUCCESS

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

[INFO] Total time:  1.970 s

[INFO] Finished at: 2018-11-23T15:14:34+09:00

[INFO] ------------------------------------------------------------------------

mvn compileコマンド同様、プロジェクト内に「target」フォルダが作成されました。

若干、生成されたファイルが多いのが確認できます。

Hello World!を実行

プロジェクト時に生成された「src > main > java > com.webcyou.maven > App」

を、確認してみると、以下の様に「Hello World」のメッセージを表示する記述となっております。

package com.webcyou.maven;

/**
 * Hello world!
 *
 */
public class App 
{
    public static void main( String[] args )
    {
        System.out.println( "Hello World!" );
    }
}

packageコマンドで生成された「target」フォルダ内のパスを参照して、おもむろに javaコマンドで実行してみます。

$ java -cp target/MavenSample-1.0-SNAPSHOT.jar com.webcyou.maven.App
Hello World!

「Hello World!」のメッセージが表示しました。

とりあえず、「Hello World!」のメッセージ表示まで行えました。

Maven in 5 Minutes

https://maven.apache.org/guides/getting-started/maven-in-five-minutes.html

Comment

Related Article

IntelliJ + Spring Initializr + Gradleで、サクッとSpring Boot環境を構築

2018.11.24

Mavenを用いたアプリケーション作成方法

2018.11.24

Gradleを用いたアプリケーション作成方法

2018.11.23

JavaでiOSアプリ開発 RoboVM + eclipse

2013.09.06

Java 始めました。mac IDE環境設定 Eclipse日本語化

2013.07.21

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

あけましておめでとうございます(かなり遅め)

イベント

2019.01.12

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

JavaScript

2018.12.23

2018年 Docker 使い方 まとめ その3

Docker

2018.12.17

2018年 Docker 使い方 まとめ その2

Docker

2018.12.16

2018年 Docker 使い方 まとめ その1

Docker

2018.12.15

macOS Mojaveにアップデート vagrantで、failed MSpanList_Insert 0x1e3000 0x170f8379be41 0x0 エラー発生 vagrantが起動しない件

エラー

2018.12.15

まだ間に合う!!「RSコンポーネンツ」で、ラズベリーパイが 配送料無料で購入できるキャンペーン中!

RaspberryPi

2018.12.07

IntelliJ + Spring Initializr + Gradleで、サクッとSpring Boot環境を構築

Java

2018.11.24

Mavenを用いたアプリケーション作成方法

Java

2018.11.24

Gradleを用いたアプリケーション作成方法

Java

2018.11.23

Jenkins 認証情報「Jenkinsマスター上の~/.sshから」が表示しない

tool

2018.11.17

流れで、Raspberry Pi Zero WHを購入。気がつけばもうラズパイ4台。

RaspberryPi

2018.11.06

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US