このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Mac用 エミュレーター 「OpenEmu」が、V2.2リリース!GameCube対応して更に神アプリ進化!

Game

2020.01.01

あけましておめでとうございます!!

いやぁ。明けましたね。

2020年1発目はエミュレーターの話題でもと言うわけで、最近フロントネタじゃない記事ばかりなので、

今年は意識して本業の記事の方を書いて行きたいなとw

同時に今年は自主出版の方も行いたい次第であります。

と、今年の抱負はこんな具合に、そろそろ本題の「OpenEmu」のお話でもと。

OpenEmu

通常、エミュレーターと言えば、Windowsの方がアプリが揃っていて、Macの方はあまり揃っていなく動かせるアプリは少ない印象ですが、「OpenEmu」を使用すれば、そんなエミュレーターに対してのネガティブ印象も吹き飛びます。

そう、「OpenEmu」は、MacOS向けのゲームハードを動かすエミュレーターとして開発されていて、開発された当初は、ファミコンをはじめスーパーファミコンやゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、セガサターン、メガドライブ、etc..などをエミュレートしていましたが、最近では、PlayStationをはじめPSPやNINTENDO64、ワンダースワンと16機種対応し、このアプリさえあればほとんどのゲームがエミュレートできていました。

そんな「OpenEmu」が、V2.2にアップデートで、GameCubeの追加され更に神アプリの進化を遂げました!!

ダウンロードは、「OpenEmu」公式ページから。

 

OpenEmu 公式ページ

https://openemu.org/

github

https://github.com/OpenEmu/OpenEmu

 

最新版を確認すると、「GamaCube」が追加されているのが確認できます。

というか、対応機種数の多さよ。

OpenEmu」の良さといえば、ROMをドラッグ&ドロップだけで追加され、追加したROMもサムネイルで表示することができるところが良いですね。

というか、Macに特化して作られているのでMacライクなUIになっていて抜群に使いやすいです。

機種によっては、BIOSが必要となってきます。

今回追加された「GamaCube」は、どうやらBIOSの必要はなさそうですね。

コントローラーのセッティングも各機種ごとに簡単に行えるので嬉しいです。

PS4コントローラーも自動で認識し、簡単に設定できました。

PlayStationや、セガサターンなどCD(isoファイル)ゲームは、cueファイルが必要となってきます。

公式ではGitHubの方に方法が記述されています。

GitHub

https://github.com/OpenEmu/OpenEmu/wiki/User-guide:-CD-based-games

 

isoやimgファイルと対になるように.cueファイルが必要となるので、

以下の様に、プレーンテキストで.cueファイルを作成します。

Single binary track

FILE "Castlevania - Symphony of the Night (USA).bin" BINARY
  TRACK 01 MODE2/2352
    INDEX 01 00:00:00
  TRACK 02 AUDIO
    INDEX 01 50:55:45

 

ゲームソフトが、2枚組などの場合は、以下の様な記述となります。

Single binary track — pregap length and subcode flags

FILE "CASTLEVANIA.BIN" BINARY
  TRACK 01 MODE2/2352
    FLAGS DCP
    INDEX 01 00:00:00
  TRACK 02 AUDIO
    FLAGS DCP
    PREGAP 00:02:00
    INDEX 01 50:53:45

ベタで記述すると、流石に面倒なので、以下のサイトを利用すれば isoやimgファイルをドラッグ&ドロップすれば、記述するcueファイルのテキストが生成されますので、それをコピーして作成することができ、非常に楽です。

 

PSX Cue Maker

https://nielsbuus.dk/pg/psx_cue_maker/

と、駆け足で、「OpenEmu」についてざっとご紹介しましたが、

とにかくMacでレトロゲームをプレイしたいとなったら「OpenEmu」を使えばほとんど解決するでしょう。

今後PS2などにも対応してもらえると非常に嬉しい限り。

ただ、開発は頻繁に行われているようなので今後も期待できるでしょう。

と言った感じで、新年1発目はこんな感じで。

今年もよろしくおねがいしますー!

Comment

Related Article

ゲオのサマーセール 980円以下のゲームソフトが半額!8月16日(日)まで。で購入したもの。

2020.08.13

Mac用 エミュレーター 「OpenEmu」が、V2.2リリース!GameCube対応して更に神アプリ進化!

2020.01.01

この時期になると、やたらレトロゲームをやりたくなるのはなんですかね?ハードオフに向かうの巻その2

2019.12.31

この時期になると、やたらレトロゲームをやりたくなるのはなんですかね?ハードオフに向かうの巻

2019.12.14

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン到着!開封式

2017.10.05

new NINTENDO 2DS LL を購入してみた。

2017.08.28

スプラトゥーン2をやめたい

2017.08.20

「ニンテンドー switch」を購入した話

2017.05.06

何かと話題のレトロゲーム制作ツール「PICO-8」を触ってみました!

2016.07.10

Amazon、無料ゲームエンジン「Lumberyard」を正式発表。早速使ってみました!

2016.02.09

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Go言語でAssetsもシングルバイナリ化に便利な packr パッケージ

go

2020.11.25

Maker Faire Tokyo 2020に行ってきました。

イベント

2020.10.06

パックマン 解析プログラム動画から見る 追跡アルゴリズム

AI・Bot・algorithm

2020.09.23

Django (DRF)で、ユーザーのモデルを作成時にハッシュidを別で保存する。

Python

2020.09.10

ゲオのサマーセール 980円以下のゲームソフトが半額!8月16日(日)まで。で購入したもの。

Game

2020.08.13

Webassembly用いて、SDL 2.0をブラウザでレンダリング

C++

2020.08.10

macOS pyenv環境でtkinterが動かないので、再度インストール

Python

2020.08.09

Mac Home brewでSDL2.0を簡単に環境設定

C

2020.06.24

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その3

Python

2020.06.14

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その2

Python

2020.06.08

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その1

Python

2020.06.07

このコロナ禍で、飛沫感染防止など求められる中「電子メモパッド」が重宝。 1300円で購入可能な電子メモパッドが超絶便利な件。

tool

2020.06.02

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US