このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2011.11.10

mysql_connect MySQLに接続する

PHPを使いMySQLに接続する為には「mysql_connect」というファンクションを使用します。

接続に必要なのはMySQLのIDとパスワードが必要となってきます。

ローカルで作成を行っていてXAMPPを使用の場合

XAMPPの場合

ホスト名 localhost
ユーザ名 root
パスワード なし

MAMPの場合

ホスト名 localhost
ユーザ名 root
パスワード root

となっております。※バージョンにより異なる場合があります。

 

記述例

<!--?php mysql_connet('localhost','root','') or die(mysql_error()); echo 'データベースに接続成功しました'; ?-->

 

リソース =  mysql_connect (‘ホスト名’,’ユーザー名’,’パスワード’);

となってます。

 ファンクションの後の「or die(mysql_error())」という記述は以下の記述を省略したことになります。

if(!mysql_connect('localhost','root','')){
die(mysql_error());
}

 

「die()」ファンクションは、処理を終了させる為のファンクションになります。

 mysql_connect ファンクションが接続に失敗すると「false」を返すため、
これを利用して処理を途中で終了させています。

 mysql_connect(〜)or die(mysql_error));

の「or」は論理演算子にあたるもので、 mysql_connectファンクションが失敗すると

(= falseだった場合)「or」のあとの 「die」ファンクションが実行されます。

逆に、mysql_connectファンクションが「ture」だと、「or」の論理演算子は以上の処理は行わず

(行っても意味がないので)「die」ファンクションは実行されません。

「A or B」の論理演算子は「AまたはBのいずれかがtrueである」

という演算のため、Aがtureの場合全体の判断をする必要が無くなるため、

PHPではこのような記述が行えます。

またこの「mysql_connect 」とセットで使用される「mysql_select_db」ファンクションがあります。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。