このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Kindle Fire HD 8 にLinuxを導入して扱えるようにする。超コスパ Linux タブレット構築方法!!

Linux

2018.07.04

どもです。

最近、外での開発環境について、あれやこれやと模索している最中でして、前回の記事

iPhoneXで、ubuntuを動かす。

だったり、

iPad Proで開発を行いたい。

と、書いてきましたが、「タブレットでLinuxを扱えたらいいよね。

と言ったところに行き着き、Amazonのセール且つ、プレミア会員の割引かつAmazonギフト券使用で 6,600円ほどの激安料金で購入したのですが、そのまま長い間放置してホコリを被っていた、Kindle Fire HD 8 を取り出して、Debianを扱える環境を作ったのでその方法となります。

 

Kindle Fire HD 8

Fire HD 8 タブレット 32GB、(第6世代)ブラック 2017年4月購入

定価 ¥15,980

購入額 6,596

スペック
ディスプレイサイズ 8インチ HD
解像度 1280 x 800 (189ppi)
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
ストレージ 32GB
サイズ 214 x 128 x 9.2mm
重量 341g
CPU、RAM  1.3GHz クアッドコア、1.5GB RAM
microSDカードスロット  あり。microSDカード(別売)を使用すれば、ストレージを200GB拡張可能
OS  FireOS 5.6.1.0
created by Rinker
Amazon
¥10,980 (2018/12/15 12:28:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

Amazonタイムセール & プレミア会員で、6,600円ほどで購入。

iPadも持っていて、安く購入したが故か、あまり使用せずに放置状態のままでした。そんな人も少なくないのではないのでしょうか?

でも、このスペックのタブレットで、6,600円で購入できる、超コスパタブレットは Amazonぐらいですね! ><

今回、こちらのタブレットを「Fire OS」をそのままで、Linux環境を構築していきたいと思います!

 

ファイル管理アプリをインストール

Kindle Fire HD 8 は、Amazon社が独自開発した「Fire OS」がAndroidベース上にインストールされています。

Fire OS」は、Amazonのコンテンツ用に最適化されていて、デフォルトで扱うには「Google Play」が使えなかったりしますので、純粋な「Androidタブレット」ではないこともあって、Amazonのコンテンツを使用するには最高だが、その他では「使い勝手が悪い」や「Amazonのコンテンツ以外は使えない」などの声がチラホラありますが、ひと手間加えることよって、「Google Play」のアプリをインストールして扱うことも可能となります。

AndroidタブレットをLinux化する手法として「Root化」と呼ばれるクラッキングが手法となっておりますが、今回はそれを行わず、疑似ルート化環境をアプリでその環境を実現するので、「Fire OS」はそのままで、「Linux環境はアプリ」と二刀流の環境をあつえることになります。

なので、まずファイル管理アプリが必要となってきます。

それでは、早速 アプリをインストールしていきましょう。

 

ES File Explorer File Manager

ファイル管理アプリである「ES File Explorer File Manager」(ESファイルエクスプローラー)をインストールします。

ファイル管理アプリは、その他にも多数ありますが、今回はこちらを使用していきます。

 Amazon Androidアプリストアで配布されていますので、Amazon Androidアプリストアで検索してインストールしましょう。
インストールしましたら、続いて「GnuRoot Debian」と「XServer XSDL」をインストールしていくのですが、こちらはAmazon Androidアプリストアで配布はされていません。

公式アプリではなく、webサイトからインストールしていきます。

なので、Androidアプリストア以外から入手したアプリをインストールできるように「提供元不明アプリ」の導入の許可が必要となってきますので、設定アプリから許可しておきましょう。

 

設定アプリ > セキュリティとプライバシー > 不明ソースからのアプリ

を許可。

Linux デスクトップ環境構築

それでは、疑似ルート環境を実現する「GnuRoot Debian」とX Windows Systemを実現する「XServer XSDL」をインストールしてLinux環境を構築していきましょう!

まずは、「GnuRoot Debian」からインストールしていきます。

GnuRoot Debian

アプリは、非公式サイトではありますが、Google Playで公開されている最新のアンドロイドアプリをダウンロード出来るサイト「apkpure」からダウンロードします。

Kindle アプリのWebブラウザ「Silk」を起動し「https://apkpure.com/jp」にアクセス。

GnuRoot Debian」を検索してダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、「ES File Explorer File Manager」(ESファイルエクスプローラー)を起動します。

GnuRoot Debian」は、Linux関連のパッケージをインストールしセットアップを行うAndroidアプリとなってます。

なので、ダウンロードしてすぐにLinux化出来るわけではありません。

起動し、「GnuRoot Debian」内にルートファイルシステム作成され、パッケージがインストールされます。

LinuxのディストリビューションはDebianが使用されており、Debianの疑似実行環境は「GnuRoot Debian」の保護領域内(アプリケーションサンドボックス)で実行されます。

では、「GnuRoot Debian」をインストールしていきます。

ES File Explorer File Manager」(ESファイルエクスプローラー)を起動し、

メニューの ローカル > ダウンロード をタップ。

先程、ダウンロードした「GnuRoot Debian」のインストーラーファイルがあるので、

ファイルを 「長押し」して、「名前を変更」をタップ。

 

名前を変更していきます。

拡張子を 「7z」に変更して圧縮ファイルにします。

.7z」を付与し、「OK」をタップ。

名前変更した、インストーラーを長押し、」をタップして、「解凍」を選択。

選択したファイルの解凍先 の確認が出ますので、そのまま OK をタップ。

生成されたフォルダをタップ「Android」フォルダをタップ、「abb」フォルダをタップ。

生成されたフォルダ > Android > abb

com.gnuroot.debian」フォルダを長押し、「他」をタップ、「コピー」をタップ。

「Android」フォルダをタップ、「abb」フォルダをタップ。

「OK」をタップして、コピーします。

Android > abb > OK

パンくずメニューの「GNURoot De..」をタップし、「com.gnuroot.debian.apk」をタップ。

インストール をタップして、インストールを開始します。

ダウンロードGNURoot Debian_v6.x.x_armhf_ > com.gnuroot.debian.apk 

無事インストールされましたら、ホーム画面にアプリが追加されます。

タップして起動すると端末エミュレータが起動します。

初回起動の際、セットアップが実行されますので、止まるまでしばらく待ちましょう。

セットアップ完了しましたら、右上のアイコンをタップするとメニューが出てきますので、

こちらで、フォントサイズの設定を行ったり、デフォルトをUTF-8にしておいたりしましょう。

設定完了後、Debian アップデートと、日本語環境をインストールするコマンドを入力します。

一通り、設定したらいつものコマンドで、パッケージマネージャーを最新にします。

# apt update
# apt upgrade
# apt install task-japanese

それなりに時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

デスクトップ環境

GnuRoot Debian」のインストールが無事完了しましたら、

続いて、デスクトップ環境を構築するためにインストールしていきます。

ここでは軽量なデスクトップ環境である「LXDE」(Lightweight X11 Desktop Environment)をインストールします。

音声やサウンドを再生できるように、サウンドサーバーのインストール。

# apt install lxde pulseaudio

続いて、タイムゾーンの修正

# dpkg-reconfigure tzdata

上記をインストールすると、設定画面が表示しますので「Geographic area:」は6(Asia)、「Timezone」は78(Tokyo)にセット。

続いて、フォントと日本語設定用に以下をインストール。

# apt install fonts-vlgothic
# apt install task-japanese-desktop

ここまで終わったら、「GnuRoot Debian」は起動したまま、アプリのインストールを行っていきます。

XServer XSDL

続いては XServer環境を構築するため 「XServer XSDL」のインストールを行っていきます。

こちらも「GnuRoot Debian」と同様に、Kindle アプリストアに並んでいないアプリとなりますので、Webブラウザ「Silk」を起動し「apkpure」からダウンロードを行っていきます。

apkpure」にアクセスしたら、「XServer XSDL」を検索し、ダウンロードします。

ダウンロードAPKをタップしダウンロード。

インストール完了しましたら、「GnuRoot Debian」と同様に、「ES File Explorer File Manager」(ESファイルエクスプローラー)を開き、左メニューの ローカル > ダウンロード をタップ。

インストーラーファイルがダウンロードされているかと思うので、ダブルタップを行いインストールします。

インストール完了し、ホーム画面に戻ると「XServer XSDL」アプリが追加されているかと思うのでタップして起動。

以下の様に立ち上がれば成功!

一定時間経過すると、スプラッシュ画像から、こちらの画面となり、3秒間以内にタップすれば設定画面へと遷移します。

特にタップしなければ、設定はスキップされます。

ディスプレイサイズの選択画面。

「1280 x 800」を選択。

フォントの大きさを選択。

「x0.8」を選択。

以下の様な表示となりますので、そのままタップ。

最後にこちらの表示となります。

表示されている、DISPLAY、PULSE_SERVERは、各々のIPアドレスが表示されるので、メモしておきましょう。

インターネットに接続していない状態だと、以下の様な表示となるみたいです。

IPアドレスは表示された、IPアドレスを入力。

# export DISPLAY=192.168.xx.xx:0
# export PULSE_SERVER=tcp: 192.168.xx.xx:4712
# export LANG="ja_JP.UTF-8"
# startlxde &

インターネットに接続していない場合。

# export DISPLAY=:0
# export PULSE_SERVER=tcp: 127.0.0.1:4712

テキストエディタがインストールされていないので、「vim」などをインストールしていきます。

# apt install xterm
# apt install vim nano

再び、「XServer XSDL」アプリをタップで起動。
すると。。。

キターーーーー!!

Fire HD だけど、もうパソコンだ!これ。

 

と、これまで、タップ & ソフトウェアキーボードで設定してきたのですが、せっかくなので、ワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを使ってみようではありませんか。

今回、購入した代物はこちら。

ワイヤレスマウス

ロジクール 【タブレット対応】ワイヤレスレーザーマウス   M337BK

Androidや、iOSやWindowsにも対応しているという、ワイヤレスマウス。

安定のロジクールですね。

 

購入価格 ¥2500円程

ワイヤレスキーボード

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード   IC-BK03

キーボードは色々と悩みましたが、

最終的に、こちらの折りたたみを購入。

こちらも、iPhone iPad Andriod 対応しているスグレモノ。

Amazonでも高評価だったので、購入しました。

 

購入価格 ¥3500円程(セール)

タブレットスタンド

スマホ・タブレット用折りたたみ式 薄型 スタンド 角度調整可能 強化版(黒Black)

こちらも、Amazonで高評価の折りたたみスタンド。

色々と、角度も調整できるすぐれものです。

 

購入価格 ¥580円程

これらを揃えて、価格は ¥6580円ほど。

こんな感じに使えるようになりました!

 

 

と、ここまでやってみたものの、インターネットは繋がっているみたいだが、Firefoxで真っ白になってしまう。(クリックすると、ページ遷移などは行える。)

ワイヤレスキーボードで、日本語入力ができない。

などなど。。。

の現象が起きており、解決に至っていない状態ではあります。

流石に、完璧に利用するのは無理があるのか。。。

Fire OSでなければ問題ないのでしょうかねぇ。。

というか、8インチもちょっと物足りない感じしてきたな。。

と、もやもやしているところ、またまたコスパの良い Androidタブレットを発見!

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 タブレット

 

Amazonのレビュー見ていると、値段の割にかなり使えるみたいで、こちらを購入してLinuxタブレットにしようか(いっそRoot化しようかな。。)

と、密かに思っている今日このごろでした。

ではではぁ。

 

Comment

Related Article

debian & Xserver XDSLで FireFoxが真っ白のページとなる件

2018.07.08

Kindle Fire HD 8 にLinuxを導入して扱えるようにする。超コスパ Linux タブレット構築方法!!

2018.07.04

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

まだ間に合う!!「RSコンポーネンツ」で、ラズベリーパイが 配送料無料で購入できるキャンペーン中!

RaspberryPi

2018.12.07

IntelliJ + Spring Initializr + Gradleで、サクッとSpring Boot環境を構築

Java

2018.11.24

Mavenを用いたアプリケーション作成方法

Java

2018.11.24

Gradleを用いたアプリケーション作成方法

Java

2018.11.23

Jenkins 認証情報「Jenkinsマスター上の~/.sshから」が表示しない

tool

2018.11.17

流れで、Raspberry Pi Zero WHを購入。気がつけばもうラズパイ4台。

RaspberryPi

2018.11.06

安く電子工作を始めるなら、電子パーツ購入は「aitendo」がおすすめ!

RaspberryPi

2018.11.06

ASUS Chromebook Flip C101PAに、Visual Studio Codeをインストール

Chromebook

2018.10.15

Chromebookに、Ubuntu (Xubuntu)をインストールしたあとの日本語入力設定

Chromebook

2018.10.14

ASUS Chromebook Flip C101PAに、Ubuntu (Linux)インストール手順

Chromebook

2018.10.10

nodeのない環境にnodeを導入(HTML5ゲームも提供)し続け、1年数ヶ月経過後、かなり開発環境が整ってきたお話。

JavaScript

2018.09.26

安い!軽い!早い! ノートPC(開発環境)。 Chromebookをついに購入いたしました!

Chromebook

2018.07.22

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US