このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2013.09.08

VirtualBoxとVagrantで開発環境を構築 その3 phpMyAdmin インストール centOS apache設定

前回の

VirtualBoxとVagrantで開発環境を構築 その2 PHP + MySQLインストール

の続きとなります。

phpMyAdmin

今回は、phpMyAdminをVagrant (centOS)にインストールして、ブラウザからMySQLを扱えるように設定しましょう。

phpMyAdminはPHPで実装されたMySQLの管理ツールであり、MySQLのデータベースやテーブルの作成を行ったり、データの追加や参照などをSQL文を作成することなくブラウザから行うことができます。

ダウンロード

http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.php

ダウンロードボタンを押すことによってダウンロード出来ます。

ダウンロードしましたら、フォルダごと格納します。「phpMyAdmin-4.0.6-all-languages」みたいに長い名前になっていますので「phpMyAdmin」の様に省略しましょう。

格納する場所はapacheのドキュメントルートに置きましょう。

今回では、 /var/www/html となります。

格納しましたら、ブラウザで確認。

http://192.168.33.10/phpMyAdmin/

上手くいくと、このような画面が表示するかと思います。

きっとこのようにエラー表示するかと思いますので設定していきましょう。

httpd.conf  php.ini編集

yumコマンドで php-mbstring と php-mysql をインストールします。

sudo yum -y install php-mbstring php-mysql

続いて、httpd.confを編集していきます。httpd.conf ファイルは /etc/httpd/conf/に格納されています。

httpd.conf 編集
cd /etc/httpd/conf/
sudo vim httpd.conf
DirectoryIndex index.html index.htm index.cgi
↓
DirectoryIndex index.html index.htm index.cgi index.php ←追加(index.php許可)
AddType application/x-compress .Z
AddType application/x-gzip .gz .tgz
AddType application/x-httpd-php .php ←追加(.phpファイルを使えるようにする)
php.ini 編集

続いて、php.ini を編集していきます。php.ini ファイルは /etc/に格納されています。

cd /etc/
sudo vim php.ini
short_open_tag = Off
↓
short_open_tag = On ←変更(short_open_tag有効)

max_execution_time = 30
↓
max_execution_time = 300 ←変更(スクリプト実行時間)

magic_quotes_gpc = On
↓
magic_quotes_gpc = Off ←変更(エスケープ処理)

;default_charset = "iso-8859-1"
↓
default_charset = "UTF-8" ←コメント解除&変更(デフォルト文字コード)

post_max_size = 8M

post_max_size = 20M ←変更(最大POSTアップロードサイズ)

upload_max_filesize = 2M
↓
upload_max_filesize = 20M ←変更(最大アップロードサイズ)

;date.timezone =
↓
date.timezone = Asia/Tokyo ←コメント解除&変更(タイムゾーン指定)

;mbstring.language = Japanese
↓
mbstring.language = Japanese ←コメント解除(デフォルト言語)

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
↓
mbstring.internal_encoding = UTF-8 ←コメント解除&変更(内部文字エンコーディングのデフォルト値)

;mbstring.http_input = auto
↓
mbstring.http_input = UTF-8 ←コメント解除&変更(HTTP入力文字エンコーディング)

;mbstring.http_output = SJIS
↓
mbstring.http_output = pass ←コメント解除&変更(HTTP出力文字エンコーディング)

;mbstring.encoding_translation = Off
↓
mbstring.encoding_translation = On ←コメント解除&変更(内部文字エンコーディングの有効・無効)

;mbstring.detect_order = auto
↓
mbstring.detect_order = auto ←コメント解除(文字コード検出のデフォルト値)

;mbstring.substitute_character = none;
↓
mbstring.substitute_character = none; ←コメント解除(無効な文字を代替する文字を定義)

上記の変更完了しましたら、Apache再起動しましょう。

Apache再起動
sudo service httpd restart

再び、http://192.168.33.10/phpMyAdmin/をブラウザで確認。

アクセス成功!前回設定したパスワードでログインすることが出来ます。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。