このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

MacOS XcodeにSDL2を追加

tool

2023.12.26

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

どもです。

SDLをMacOS Xcodeで利用する方法になります。

SDL2と2つの拡張モジュールをインストールします。

拡張モジュールは以下の通り。

  • SDL_image: 画像を扱うための拡張モジュール。
  • SDL_ttf: 実行時にテキストをレンダリングするための拡張モジュール。

 

フレームワークのインストール

GitHub リリースレポジトリ

各ライブラリのレポジトリにある、dmgパッケージをダウンロードします。

3つの.dmgファイルをダウンロード、それぞれ、

  • SDL2.framework
  • SDL2_image.framework
  • SDL2_ttf.framework

となります。

      

これらのフォルダをすべて /Library/Frameworks にコピーします:

 

Xcodeの設定

これらのライブラリをXcodeプロジェクトに追加していきます。

プロジェクトの設定「General」を選択し、”Frameworks and Libraries “セクションの下にある、+アイコンをクリックし、新しいフレームワークを追加しきます。

押下後、ウィンドウ下部にある「Add Other..」をクリック。

Mac のキーボードショートカットの「cmd + shift + G」で、「フォルダへ移動」を表示させ、

/Library/Frameworks/を入力し、先程追加したframeworkフォルダを選択。

これで、Frameworks and Libraries セクションに追加されます。

SDL2_image と SDL2_ttf についても同様に、この手順を繰り返します。

続いて、「Build Settings」タブ内の、「Search Paths」にてパス設定を行います。

対象は、Framework Search Paths、Header Search Paths、Library Search Pathsとなります。

Framework Search Paths

  • /Library/Frameworks

Header Search Paths

  • /Library/Frameworks/SDL2.framework/Headers
  • /Library/Frameworks/SDL2_image.framework/Headers
  • /Library/Frameworks/SDL2_ttf.framework/Headers

Library Search Paths

  • /Library/Frameworks/SDL2.framework/Versions/A
  • /Library/Frameworks/SDL2_ttf.framework/Versions/A
  • /Library/Frameworks/SDL2_image.framework/Versions/A

こちらを入力完了すれば、すべてがセットアップされ、ビルドの準備が整いました。

SDLフレームワークをXcodeで使用することができます。

 

Comment

Related Article

2024年 狙っているモバイルノートPC

2024.01.07

MacOS XcodeにSDL2を追加

2023.12.26

NordVPNを使ってみた感想は?評判や口コミを徹底的に解説

2022.07.26

誰でも簡単に「ホームページ制作」が行える。というWix のサービスが進化しているという事で、あれから久しぶりに触ってみた!

2022.04.12

Macで簡単画面録画「EaseUS RecExperts for Mac」を使ってみた。

2022.01.15

単一ファイル毎に管理できる ファイルマネージャー CLI「coppeno」 v0.7.2リリース!

2021.11.20

Macのデータ復旧を簡単に! EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro を使用してみた。

2021.08.24

パーティション管理ソフト「MiniTool Partition Wizard」を使ってみた。

2021.08.18

このコロナ禍で、飛沫感染防止など求められる中「電子メモパッド」が重宝。 1300円で購入可能な電子メモパッドが超絶便利な件。

2020.06.02

クローンソフトの「EaseUS Disk Copy」を使って、OSのバックアップを取ってみた。

2019.05.06

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Rust - Actix Web mongo ユーザー登録 JWT認証

Rust

2024.03.24

Rust - Actix Web JWT 認証認可 APIの作成

Rust

2024.02.25

Rust - Actix Web × JSON 静的ファイルをAPIで返却

Rust

2024.01.19

Rust - Actix Web × MongoDB環境をサクッと起動

Rust

2024.01.18

5分で学ぶ RustでWave Function Collapse (波動関数崩壊アルゴリズム)

Rust

2024.01.15

LLaMAモデル GGMLフォーマット(llama.cpp)をRustフレームワーク Leptosを用いて M1MacMiniでサクッと動かす。

Rust

2024.01.11

2024年 狙っているモバイルノートPC

tool

2024.01.07

MacOS XcodeにSDL2を追加

tool

2023.12.26

php 7.4にアップデート

PHP

2023.12.24

5分で覚える Flutter Flameで作る Wave Function Collapse - 波動関数崩壊アルゴリズム

AI・Bot・algorithm

2023.12.20

Flutter - Flameでゲーム作成 (キャラクターの移動)

Flutter

2023.07.23

Flutterで作る ChatGPT Prompt Manager

Flutter

2023.07.12

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US