このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

エラー

2019.02.13

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

環境:Rilas5.2.2

OS:Mac

 

本当に久々に、HerokuにRailsアプリをビルドしてみると以下のエラー。

 

remote: -----> Ruby app detected
remote:
remote: !
remote: ! You must use Bundler 2 or greater with this lockfile.
remote: !

remote: /tmp/d20190210-204-z40sr6/bundler-1.15.2/gems/bundler-1.15.2/lib/bundler/lockfile_parser.rb:108:in `warn_for_outdated_bundler_version': You must use Bundler 2 or greater with this lockfile. (Bundler::LockfileError)

 

ふむふむふむ。

よくわからん。

とりあえず、heroku buildpacks を「https://github.com/heroku/heroku-buildpack-ruby.git」のURLにsetしろよ。

と、言われているのはわかる。

 

なので、下記のコマンド入力でset

 

$ heroku buildpacks:set https://github.com/heroku/heroku-buildpack-ruby.git

 

再度、Herokuにデプロイ。

 

$ git push heroku master

 

すると、以下のエラー。

remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
remote: Command: 'set -o pipefail; curl -L --fail --retry 5 --retry-delay 1 --connect-timeout 3 --max-time 30 https://s3-external-1.amazonaws.com/heroku-buildpack-ruby/heroku-18/ruby-2.3.7.tgz -s -o - | tar zxf - ' failed on attempt 1 of 3.
remote: Command: 'set -o pipefail; curl -L --fail --retry 5 --retry-delay 1 --connect-timeout 3 --max-time 30 https://s3-external-1.amazonaws.com/heroku-buildpack-ruby/heroku-18/ruby-2.3.7.tgz -s -o - | tar zxf - ' failed on attempt 2 of 3.
remote:
remote: !
remote: ! An error occurred while installing ruby-2.3.7
remote: !
remote: ! This version of Ruby is not available on Heroku-18. The minimum supported version
remote: ! of Ruby on the Heroku-18 stack can found at:
remote: !
remote: ! https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-support#supported-runtimes
remote: !

 

なるほどなるほど。

よくわからん。

とりあえず、Rubyのバージョンが古くてサポートしているruntimeのバージョンが違うよー。

とのことぽいので、以下を確認。

https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-support#supported-runtimes
 

現在、サポートしているバージョンは画像のとおり。

rbenvで使用しているRubyのバージョン確認。

$ rbenv versions
2.3.1

なんと。

もうこんなに古いのか。

rbenv と、ruby-buildをアップグレード。

$ brew upgrade rbenv ruby-build

とりあえず、2.6.1をインストール。

$ rbenv install 2.6.1

ローカルのバージョンも2.6.1にセット。

$ rbenv local 2.6.1

Rubyのバージョン確認。

ruby -v
ruby 2.6.1p33 (2019-01-30 revision 66950) [x86_64-darwin18]

よし。

つい先日にビルドされたピカピカのバージョンになった。

再度、bundle install

$ bundle install

これで問題ないだろう。

再度、Herokuにデプロイ。

$ git push heroku master
remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
...

再度、同じエラー。。。

え。。

後何がおかしい??

heroku buildpackを以下に変更してみる。

heroku-buildpack-rubyをフォークしているブランチになります。

$ heroku buildpacks:set https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2

node.jsでのタスクも必要となってきたので、ついでに以下をbuildpackの1番目に追加。

$ heroku buildpacks:add --index 1 heroku/nodejs

heroku buildpacksを確認してみる。

$ heroku buildpacks
1. heroku/nodejs
2. https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2

これで、準備万端。

再度、実行。

remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
...

再度、同じエラー。。。

もうわかんない。。

と、途方にくれそうになっていた時、

「あ!そうえいえば!!」

そう、GemfileのRubyを変更していないのに気が付きました。

Gemfile ruby '2.6.1'

再度実行。

$ git push heroku master

問題なく、デプロイできました。

最後で凡ミスのオチでした。

Comment

Related Article

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

2019.02.13

macOS Mojaveにアップデート vagrantで、failed MSpanList_Insert 0x1e3000 0x170f8379be41 0x0 エラー発生 vagrantが起動しない件

2018.12.15

Mac OS10.4 “ネットワーク設定は他のアプリケーションによって変更されました”

2012.10.09

facebook API Error Code: 191 API接続時のエラー

2012.09.06

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

【Unity x WebAssembly】UnityコンテンツをBlazorとFlutterでWebアプリとして扱う

Unity

2023.01.30

【nasne】M1 Mac Miniで、「torne® mobile」使用して、テレビ視聴。

mac

2022.12.31

2022 VIVA JS World Cup 開幕!! 〜 Vue3で作るサッカーゲーム 〜

JavaScript

2022.12.24

M1 Mac ruby rbenv install error

Ruby

2022.10.10

【Flutter】CheckboxListTileのチェックボックスをカスタマイズ

Flutter

2022.10.01

FLEXISPOT E3で作るスタンディング PCデスク

イベント

2022.09.18

NordVPNを使ってみた感想は?評判や口コミを徹底的に解説

tool

2022.07.26

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 - DKIM、DMARCを設定する

ubuntu

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 - Postfix Let’s EncryptでTLS化

ubuntu

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 - Postfix SASL認証

ubuntu

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 - Dovecotインストール

ubuntu

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 - Postfixインストール

ubuntu

2022.05.01

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US