このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

エラー

2019.02.13

環境:Rilas5.2.2

OS:Mac

 

本当に久々に、HerokuにRailsアプリをビルドしてみると以下のエラー。

 

remote: -----> Ruby app detected
remote:
remote: !
remote: ! You must use Bundler 2 or greater with this lockfile.
remote: !

remote: /tmp/d20190210-204-z40sr6/bundler-1.15.2/gems/bundler-1.15.2/lib/bundler/lockfile_parser.rb:108:in `warn_for_outdated_bundler_version': You must use Bundler 2 or greater with this lockfile. (Bundler::LockfileError)

 

ふむふむふむ。

よくわからん。

とりあえず、heroku buildpacks を「https://github.com/heroku/heroku-buildpack-ruby.git」のURLにsetしろよ。

と、言われているのはわかる。

 

なので、下記のコマンド入力でset

 

$ heroku buildpacks:set https://github.com/heroku/heroku-buildpack-ruby.git

 

再度、Herokuにデプロイ。

 

$ git push heroku master

 

すると、以下のエラー。

remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
remote: Command: 'set -o pipefail; curl -L --fail --retry 5 --retry-delay 1 --connect-timeout 3 --max-time 30 https://s3-external-1.amazonaws.com/heroku-buildpack-ruby/heroku-18/ruby-2.3.7.tgz -s -o - | tar zxf - ' failed on attempt 1 of 3.
remote: Command: 'set -o pipefail; curl -L --fail --retry 5 --retry-delay 1 --connect-timeout 3 --max-time 30 https://s3-external-1.amazonaws.com/heroku-buildpack-ruby/heroku-18/ruby-2.3.7.tgz -s -o - | tar zxf - ' failed on attempt 2 of 3.
remote:
remote: !
remote: ! An error occurred while installing ruby-2.3.7
remote: !
remote: ! This version of Ruby is not available on Heroku-18. The minimum supported version
remote: ! of Ruby on the Heroku-18 stack can found at:
remote: !
remote: ! https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-support#supported-runtimes
remote: !

 

なるほどなるほど。

よくわからん。

とりあえず、Rubyのバージョンが古くてサポートしているruntimeのバージョンが違うよー。

とのことぽいので、以下を確認。

https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-support#supported-runtimes
 

現在、サポートしているバージョンは画像のとおり。

rbenvで使用しているRubyのバージョン確認。

$ rbenv versions
2.3.1

なんと。

もうこんなに古いのか。

rbenv と、ruby-buildをアップグレード。

$ brew upgrade rbenv ruby-build

とりあえず、2.6.1をインストール。

$ rbenv install 2.6.1

ローカルのバージョンも2.6.1にセット。

$ rbenv local 2.6.1

Rubyのバージョン確認。

ruby -v
ruby 2.6.1p33 (2019-01-30 revision 66950) [x86_64-darwin18]

よし。

つい先日にビルドされたピカピカのバージョンになった。

再度、bundle install

$ bundle install

これで問題ないだろう。

再度、Herokuにデプロイ。

$ git push heroku master
remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
...

再度、同じエラー。。。

え。。

後何がおかしい??

heroku buildpackを以下に変更してみる。

heroku-buildpack-rubyをフォークしているブランチになります。

$ heroku buildpacks:set https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2

node.jsでのタスクも必要となってきたので、ついでに以下をbuildpackの1番目に追加。

$ heroku buildpacks:add --index 1 heroku/nodejs

heroku buildpacksを確認してみる。

$ heroku buildpacks
1. heroku/nodejs
2. https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2

これで、準備万端。

再度、実行。

remote: -----> Ruby app detected
remote: -----> Compiling Ruby/Rails
...

再度、同じエラー。。。

もうわかんない。。

と、途方にくれそうになっていた時、

「あ!そうえいえば!!」

そう、GemfileのRubyを変更していないのに気が付きました。

Gemfile ruby '2.6.1'

再度実行。

$ git push heroku master

問題なく、デプロイできました。

最後で凡ミスのオチでした。

Comment

Related Article

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

2019.02.13

macOS Mojaveにアップデート vagrantで、failed MSpanList_Insert 0x1e3000 0x170f8379be41 0x0 エラー発生 vagrantが起動しない件

2018.12.15

Mac OS10.4 “ネットワーク設定は他のアプリケーションによって変更されました”

2012.10.09

facebook API Error Code: 191 API接続時のエラー

2012.09.06

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

CentOS MySQL(MariaDB) を バージョン10.3に yumでアップデート

MySQL

2019.03.22

Ubuntu 開発環境構築まとめ

ubuntu

2019.02.25

Nuxt.js と auth-module (@nuxtjs/auth)で、JWT(JSON Web Tokens)& OAuth 認証 ログイン

JavaScript

2019.02.21

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

エラー

2019.02.13

ブラウザフィンガープリントは、Cookieの代用となるのか? JSライブラリ Fingerprintjs2など。

JavaScript

2019.02.03

CPUの創りかた TD4 購入(必要)パーツ一覧

電子工作

2019.01.21

あけましておめでとうございます(かなり遅め)

イベント

2019.01.12

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

JavaScript

2018.12.23

2018年 Docker 使い方 まとめ その3

Docker

2018.12.17

2018年 Docker 使い方 まとめ その2

Docker

2018.12.16

2018年 Docker 使い方 まとめ その1

Docker

2018.12.15

macOS Mojaveにアップデート vagrantで、failed MSpanList_Insert 0x1e3000 0x170f8379be41 0x0 エラー発生 vagrantが起動しない件

エラー

2018.12.15

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US