このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2011.04.04

PHP 会員登録フォーム エラーメッセージ表示

会員登録フォームでよくある、「エラーメッセージ」表示についてです。

エラーがなければ、登録内容確認の画面へと遷移させます。

登録内容が「ニックネーム」「メールアドレス」「パスワード」があった場合、

HTML

[code]
<form action="" method="post" enctype="multipart/form-data">
<dl>
<dt>ニックネーム<span>必須</span></dt>
<dd><input type="text" name="name" size="35" maxlength="255" /> </dd>
<dt>メールアドレス</dt>
<dd><input type="text" name="email" size="35" maxlength="255" /></dd>
<dt>パスワード</dt>
<dd><input type="password" name="password" size="10" maxlength="20" /></dd>
</dl>
<div><input type="submit" value="入力内容を確認する" /></div>
</form>
[/code]

index.phpファイルを作成。

Formを用意します。(form action="" は 同ファイルのパス(index.php)と同様です。)

PHP

[php]
<?php
session_start();
if(!empty($_POST)){
//エラー項目の確認
//ニックネームが空の場合
if($_POST['name'] == '') {
$error['name'] = 'blank';
}

//メールアドレスが空の場合
if($_POST['email'] == '') {
$error['email'] = 'blank';
}

//パスワードが6文字以下の場合
if(strlen($_POST['password']) < 6) {
$error['password'] = 'length';
}

//パスワードが空の場合
if($_POST['password'] == '') {
$error['password'] = 'blank';
}

//エラーがない場合は確認ページへページ遷移
if(empty($error)){
$_SESSION['join'] = $_POST;
header('Location: check.php');
}
}
?>
[/php]

同HTMLファイルの冒頭に記述します。

それぞれの値が空の場合は'blank'という値を代入(何でも良い)

また、パスワードが6文字以下の場合は'length'という値を代入(これまた何でも良い)

それでは、表示させたい箇所に

PHP

[php]
<?php if($error['name'] == 'blank'): ?>
<p class="error">※必須 ニックネームを入力して下さい。</p>
<?php endif; ?>
[/php]

このようにif文で表示させます。

各フォームの下に表示させたいときは

HTML

[code]
<dt>ニックネーム<span>必須</span></dt>
<dd><input type="text" name="name" size="35" maxlength="255" />
<?php if($error['name'] == 'blank'): ?>
<p class="error">※必須 ニックネームを入力して下さい。</p>
<?php endif; ?>
</dd>
[/code]

このように記述します。

同様に、if($error['name']

の部分 'name'の値を'email','password'に変更し

各フォームの下にでも記述すれば、

各フォームの値が空のまま確認ボタンを押した場合「エラーメッセージ」表示となります。

また、パスワードが6文字以下の場合のPHP文は

[php]
<?php if($error['password'] == 'length'): ?>
<p class="error">※パスワードを6文字以上で入力して下さい。</p>
<?php endif; ?>[/php]

です。

[php]
<?php if($error['password'] == 'blank'): ?>
<p>※必須 パスワードを入力して下さい。</p>
<?php1 endif; ?>
<?php if($error['password'] == 'length'): ?>
<p class="error">※パスワードを6文字以上で入力して下さい。</p>
<?php endif; ?>
[/php]

パスワードの値が空の場合の記述の後に記述するといいでしょう。

また、このままだと、

ユーザーが先ほど入力した情報が確認ボタンを押す事によって

消えてしまうので、各inputに

[code] value="<?php echo htmlspecialchars($_POST['name'], ENT_QUOTES,'UTF-8'); ?>[/code]

と、valueの値を付与する事によって、入力された情報を消さずに保つことが出来ます。

($_POST['name']はそれぞれの値('email','password')に変更します。)

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。