このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Postfix Let’s EncryptでTLS化

ubuntu

2022.05.01

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回のUbuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Postfix SASL認証の続きです。

今回は、メール送信をLet’s EncryptでTLS化していきます。

メニュー

Postfix Let’s EncryptでTLS化

現在取得している証明書の確認
$ sudo certbot certificates

順番でやってきたのであれば、webサーバの方で証明書を取得しているはずなので、新たにメールサーバ用に証明書を取得します。

起動しているnginxをstopしないとエラーとなるので一度止めます。

$ sudo systemctl stop nginx

サブドメインmailの方で証明書を取得します。

$ sudo certbot certonly --standalone -d mail.example.com

既に証明書発行してると、メールアドレスの入力、利用規約の承諾、メーリングリストの登録可否などはスキップされます。証明書は、`/etc/letsencrypt/live/mail.`example.com`/`に作成されます。

成功しましたら、nginxを再起動。

$ sudo systemctl start nginx

PostfixのSSL/TLS設定

/etc/postfix/main.cf を変更します。

$ sudo vim /etc/postfix/main.cf

最後尾に追加

# SSL/TLS
smtp_tls_security_level = may
smtpd_tls_cert_file = /etc/letsencrypt/live/mail.(ドメイン名)/fullchain.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/letsencrypt/live/mail.(ドメイン名)/privkey.pem
smtpd_tls_session_cache_database = btree:/var/lib/postfix/smtpd_scache
smtpd_tls_session_cache_timeout = 3600s
smtpd_tls_received_header = yes
smtpd_tls_loglevel = 1

/etc/postfix/master.cf を変更します。

$ sudo vim /etc/postfix/master.cf
# コメント解除 & 変更
smtps     inet  n       -       n       -       -       smtpd

# コメント解除
-o smtpd_tls_wrappermode=yes
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
# コメント解除 & 変更
-o smtpd_recipient_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

設定のチェック

$ sudo postfix check

Postfixの再起動、設定内容の反映します。

$ sudo systemctl restart postfix

ステータス確認

$ systemctl status postfix

DovecotのSSL/TLS設定

/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf を変更します。

$ sudo vim /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
# 変更
ssl = required

# コメント解除 & 変更
ssl_cert = </etc/letsencrypt/live/mail.(ドメイン名)/fullchain.pem
ssl_key = </etc/letsencrypt/live/mail.(ドメイン名)/privkey.pem

/etc/dovecot/conf.d/10-master.conf を変更します。

$ sudo vim /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf

非セキュアな通信はport0番として設定を無効化します。(port = 0はコメント解除 & 変更。imapsとpop3sコメント解除)

service imap-login {
  inet_listener imap {
    port = 0
  }
  inet_listener imaps {
    port = 993
    ssl = yes
  }
}

service pop3-login {
  inet_listener pop3 {
    port = 0
  }
  inet_listener pop3s {
    port = 995
    ssl = yes
  }
}

Dovecotの再起動

$ sudo systemctl restart dovecot

ステータス確認

$ systemctl status dovecot

メールクライアントアプリで送受信テスト

前回同様、メールクライアントアプリThunderbird を利用して確認を行っていきます。

接続の保護 SSL/TLSを選択。

送信サーバ smtp(SSL) ポート 465

受信サーバ POP(SSL) ポート 995

受信サーバ IMAP(SSL) ポート 993

それぞれ、送受信テストできるか確認。

送受信 ポート番号 用途
送信 25 smtp
送信 465 smtp(SSL)
送信 587 Submissionポート
受信 110 POP
受信 995 POP(SSL)
受信 143 IMAP
受信 993  IMAP(SSL)

送信メールがTLS化され、セキュアに使えるようになりました。

最後は、DKIM、DMARCを設定していきます。

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – DKIM、DMARCを設定する

Comment

Related Article

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – DKIM、DMARCを設定する

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Postfix Let’s EncryptでTLS化

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Postfix SASL認証

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Dovecotインストール

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Postfixインストール

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Let’s EncryptでSSL/TLS化

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – Nginxインストール

2022.05.01

Ubuntu 20.04 LTS サーバ構築 – 初期セットアップ

2022.05.01

Ubuntu 18.04 LTSで OpenGL開発

2019.05.20

平成最後のお買い物!!「Logicool MX Master 2 Wireless Mouse」と「K780 マルチデバイス BLUETOOTH® キーボード」で快適PC生活。

2019.04.27

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Rust - Actix Web JWT 認証認可 APIの作成

Rust

2024.02.25

Rust - Actix Web × JSON 静的ファイルをAPIで返却

Rust

2024.01.19

Rust - Actix Web × MongoDB環境をサクッと起動

Rust

2024.01.18

5分で学ぶ RustでWave Function Collapse (波動関数崩壊アルゴリズム)

Rust

2024.01.15

LLaMAモデル GGMLフォーマット(llama.cpp)をRustフレームワーク Leptosを用いて M1MacMiniでサクッと動かす。

Rust

2024.01.11

2024年 狙っているモバイルノートPC

tool

2024.01.07

MacOS XcodeにSDL2を追加

tool

2023.12.26

php 7.4にアップデート

PHP

2023.12.24

5分で覚える Flutter Flameで作る Wave Function Collapse - 波動関数崩壊アルゴリズム

AI・Bot・algorithm

2023.12.20

Flutter - Flameでゲーム作成 (キャラクターの移動)

Flutter

2023.07.23

Flutterで作る ChatGPT Prompt Manager

Flutter

2023.07.12

【M1 Mac】Python ScrapyがImportErrorで大ハマリ。lxmlなど環境作成し対応した件。

Python

2023.05.24

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US