このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

JavaScript ランダム関数 Math.random() まとめ + css3

JavaScript

2012.04.20

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回書いた、

ActionScript ランダム関数 Math.random() まとめ

をそっくりそのまま、JavaScriptにしてまとめてみました。

TweenerのアニメーションはCSS3で実装しておりますので、webkit系ブラウザ(safari,GoogleChome)等での確認して頂ければ幸いです。

前回の記事「ActionScript ランダム関数 Math.random() まとめ」を比べながら見て頂ければと。

 

「Math.random」は、0 以上 1 未満の浮動小数で結果を返します。

では、調べましょう。

ランダム関数「Math.random」はActionScriptとJavaScriptでは同じ使い方となります。

JavaScriptを記述する前にHTML,CSSの用意をしましょう。

HTML

<div class="randomArea">
  <h5>乱数表示</h5>
  <p class="txt" id="randomTxt001"></p>
  <p class="startBtn" id="startBtn001"><a href="#">start</a></p>
</div>

基本はこの形でいきます。

CSS

.randomArea:after{content:'';display:block;clear:both;height:0;visibility:hidden;}
.randomArea h5{
margin-top:10px;
font-weight:normal;
font-size:24px;
}
.randomArea h6{
margin-top:6px;
font-weight:normal;
font-size:20px;
}
.randomArea .txt{
margin-top:10px;
height:36px;
border-bottom:#ccc 1px solid;
font-size:32px;
color:#016699;
}
.randomArea .unseiTxt{
float:left;
margin-top:8px;
font-size:32px;
color:#f00;
}
.randomArea .ball{
background:#f00;
width:50px;
height:50px;
border-radius:25px;
-webkit-border-radius:25px;
margin-top:10px;
}
.randomArea .startBtn{
float:right;
margin-top:20px;
}
.randomArea .startBtn a{
padding:5px 25px;
background:#000000;
color:#ffffff;
text-decoration:none;
}
.randomArea .startBtn a:active{
background:#f00;
}

h5、h6は記事に影響いかないように設定しております。

.ballに関しては、CSS3で円形にしております。

ではJavaScriptの用意。

まず、idを取得するための記述を。

JavaScript id取得

function $(e){ return document.getElementById(e);} 

このように記述すると、$(“startBtn001”)のようにjQueryでidを取得するような形で取得が出来ます。

 

JavaScript ボタンイベント

$("startBtn001").firstChild.onclick = random001;

それぞれのボタンがクリックされた時にイベントを実行します。

今回、001〜008の連番を付けております。

Math.random

JavaScript random001()

function random001(){
  ransu = Math.random();
  $('randomTxt001').innerHTML = ransu;
  return false;
}

まずは、乱数を発生させます。

乱数表示

start

Math.random Math.floor

このままではとても使うには不便なので、使えるように数字を一桁にしましょう。

その為には、まず生成した乱数に10を掛けます。

function random002(){
  ransu = Math.random()*10;
  $('randomTxt002').innerHTML = ransu;
  return false;
}
乱数表示

start

10掛けた乱数をMath.floorで整数にします。

これで0~9の整数をランダムに生成することが出来ます。

function random003(){
  ransu = Math.floor(Math.random()*10);
  $('randomTxt003').innerHTML = ransu;
  return false;
}
乱数表示

start

おみくじ

前回同様、おみくじを作ります。

0〜3の場合、「凶」、4、5の場合「中吉」、6〜9の場合「大吉」にします。

HTML

<div class="randomArea">
  <h5>乱数表示</h5>
  <p class="txt" id="randomTxt004"></p>
  <h6>今日の運勢</h5>
  <p class="unseiTxt" id="uranaiTxt"></p>
  <p class="startBtn" id="startBtn004"><a href="#">start</a></p>
</div>

HTMLを少し付け加えます。あとはActionScriptとほぼ同じです。

function random004(){
  ransu = Math.floor(Math.random()*10);
  $('randomTxt004').innerHTML = ransu; 
  var uranaiTxt = $('uranaiTxt');

  if(ransu<=3){
   uranaiTxt.innerHTML = "凶";
  }else if(ransu>3 && ransu<6){
   uranaiTxt.innerHTML = "中吉";
  }else if(ransu>=6){
   uranaiTxt.innerHTML = "大吉";
  }
  return false;
}
乱数表示

今日の運勢

start

ボール移動

前回同様、今度はボールオブジェクトをランダムに移動させましょう。

Startボタンを押すとランダムにX座標を移動します。

HTML

<div class="randomArea">
  <h5>X座標</h5>
  <p class="txt" id="randomTxt005"></p>
  <p class="ball" id="ball005"></p>
  <p class="startBtn" id="startBtn005"><a href="#">start</a></p>
</div>

JavaScript

function random005(){
  ransu = Math.random()*10;
  ransu = Math.floor(ransu)/2*100;
  $('randomTxt005').innerHTML = ransu;
  $('ball005').style.marginLeft = ransu +"px";
  return false;
}
X座標

start

$(‘ball005’).style.marginLeft = ransu +”px”;で、マージンレフトの値を変えています。

そのままだと瞬間移動しているので、CSS3のtranslateを使いアニメーションさせます。

JavaScript

$("ball006").style.webkitTransform = "translate(0px,0px)";
$("ball006").style.webkitTransitionProperty = "-webkit-transform";
$("ball006").style.webkitTransitionDuration = "0.4s";
$("ball006").style.webkitTransitionTimingFunction = "ease-in-out";

このようにJavaScriptで設定。マージンレフトの設定部分を

$("ball006").style.webkitTransform = "translate(" +ransu+ "px,0px)";

に変更します。

function random006(){
  ransu = Math.random()*10;
  ransu = Math.floor(ransu)/2*100;
  $('randomTxt006').innerHTML = ransu;
  $("ball006").style.webkitTransform = "translate(" +ransu+ "px,0px)";
  return false;
}
X座標

start

ランダムに色を変化

前回同様、色を変化させます。

JavaScriptでの色の変化は0xFFFFFFtoString(16)を使い、16進数の数字に変更し、値を代入することによって対象の色を変更させることができます。

Math.floor(Math.random() * 0xFFFFFF).toString(16);

16進数にするまえに整数にする必要があります。

これらを踏まえ、ボールの色を変化させましょう。

JavaScript

function random007(){
  newColor = Math.floor(Math.random() * 0xFFFFFF).toString(16);
  $('randomTxt007').innerHTML = newColor;
  $("ball007").style.backgroundColor = "#" + newColor;
  return false;
}
新しい色

start

 

では、最後に色の変化と共にX座標のボール移動も行います。

random006とrandom007を合体させた形となります。

function random008(){
  ransu = Math.random()*10;
  ransu = Math.floor(ransu)/2*100;
  newColor = Math.floor(Math.random() * 0xFFFFFF).toString(16);
  $('randomTxt008').innerHTML = newColor;
  $("ball008").style.backgroundColor = "#" + newColor;
  $("ball008").style.webkitTransform = "translate(" +ransu+ "px,0px)";
  return false;
}
新しい色

start

以上になりますー。

 

 

 

Comment

Related Article

2022 VIVA JS World Cup 開幕!! 〜 Vue3で作るサッカーゲーム 〜

2022.12.24

OAuthのフローを可視化できるツールを作ってみました。

2020.05.17

令和の時代に、JavaScriptで Shift-JISファイル作成 全銀データフォーマットに対応する。

2020.03.03

インターネットにて世論調査を行う「世論Web」サービスを始めてみました。

2020.01.31

年末のレトロゲーム熱の際、ファミコンソフト一覧パッケージ作ってました。

2020.01.24

あと10日で「jsdo.it」のサービスが終わってしまう!! ソースダウンロードまだの方は急げぇ〜!

2019.10.21

正規表現 先読み後読み 論理積

2019.07.28

「二段階認証?」という方も 5分で覚える パスワードレス WebAuthnのまとめ

2019.07.07

上級者向け JavaScript 問題集 「javascript-questions」日本語翻訳担当してます。

2019.06.22

SPAサイトでの認証認可 JWT✗Rails5✗Nuxt.js

2019.03.24

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

汎用 3D mesh/model viewerを求め。と、簡単に、FBXファイルをglTF(glb)に変換ツールを求め。

C++

2024.06.06

M1 Macで、OpenGL GLUTを使ってコンパイルする

C

2024.04.27

Rust - Actix Web mongo ユーザー登録 JWT認証

Rust

2024.03.24

Rust - Actix Web JWT 認証認可 APIの作成

Rust

2024.02.25

Rust - Actix Web × JSON 静的ファイルをAPIで返却

Rust

2024.01.19

Rust - Actix Web × MongoDB環境をサクッと起動

Rust

2024.01.18

5分で学ぶ RustでWave Function Collapse (波動関数崩壊アルゴリズム)

Rust

2024.01.15

LLaMAモデル GGMLフォーマット(llama.cpp)をRustフレームワーク Leptosを用いて M1MacMiniでサクッと動かす。

Rust

2024.01.11

2024年 狙っているモバイルノートPC

tool

2024.01.07

MacOS XcodeにSDL2を追加

tool

2023.12.26

php 7.4にアップデート

PHP

2023.12.24

5分で覚える Flutter Flameで作る Wave Function Collapse - 波動関数崩壊アルゴリズム

AI・Bot・algorithm

2023.12.20

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US