このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2015.10.10

Laravelを 別環境に移動したら画面が真っ白に。MacにComposer、php mcrypt 等をインストールしたお話。

laravel-framework

新しくMacを購入し、Laravelで作成したプロダクトの環境を作って確認しようとしたところ、

画面が真っ白に。。。

Laravelではありがちですかねぇ。

storageフォルダの権限変更する件はネット上でもよく上がっているかと思います。

早速変更。

$ chmod 777 app/storage/*

ん。

んん。

全く変わらず、真っ白な画面。。。

しばらく考える事数分。。

venderフォルダがない事に気がつく。失態。

composer.jsonのパッケージをインストールしていなかった。。。

と言いますか、それ以前にそもそも composer自体をインストールしていなかった事に気がつく。

Composer インストール

Composerとはなんぞや?って言われる方も多いかと

簡単に言うと、Composerはphpのパッケージ管理ツールとなります。

スクリーンショット 2015-10-10 6.41.50
Composer

composerをインストール

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer

ダウンロードした composer.phar はパスの通った /usr/local/bin/へと移動。

インストールされたか、composerコマンドを叩く。

$ composer

スクリーンショット 2015-10-10 7.03.54
この様な表示が出ればインストール完了!

Laravelプロジェクト内の、composer.jsonファイルのあるところで、

$ composer install
と入力。パッケージがドカーっと、インストールされます。
反映させるため以下を入力。
$ composer dump-autoload

と。
あれ。。今度は、mcrypt がないと怒られる。
確かに、そりゃそうだ。
VagrantのVMの方にはmcryptインストールしたが、macの方にはインストールしていない。
macのローカルの方でも使える様、mcryptをインストールする事にしました。
と、結構ここからが本題だったりします。

Laravel をダウンロード

Composerコマンドで使えるように、Laravelをインストールし、パスの通った場所に格納。

$ curl -# -O http://laravel.com/laravel.phar
$ chmod 755 laravel.phar 
$ mv laravel.phar /usr/local/bin/laravel

Homebrew、autoconf、automakeインストール

Homebrewでautoconfとautomakeをインストールします。
Homebrewをまだインストールしていない方はインストールしましょう。
Homebrewは公式サイトに書いている通りOS X用のパッケージマネージャーとなります。
(パッケージマネージャーが多くてよくわかんなくなりますねw)
スクリーンショット 2015-10-10 6.48.16
Homebrew

Homebrewインストール

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールすると、brewコマンドが使えますので、autoconfとautomakeをインストールします。

$ brew install autoconf
$ brew install automake

Xcode の コマンドラインツールをインストール

Xcode の コマンドラインツールが必要となってきますので、こちらも未インストールの方はインストール。

$ xcode-select --install

mcrypt をインストール

ようやく、mcrypt をインストール。
とりあえず、brewコマンドでmcryptインストールしました。

$ brew install mcrypt

インストールされているPHPのバージョンを確認

$ php -v

インストールされているPHPのバージョンがわかったら、下記サイトで確認し、
同じバージョンのソースをダウンロードし、展開します。

http://jp2.php.net/releases/

スクリーンショット 2015-10-10 6.57.28

当方はphp-5.5.3でしたので、この様な感じで。

$ curl -# -O http://museum.php.net/php5/php-5.5.3.tar.gz
$ tar -xvzf php-5.5.3.tar.gz
$ cd php-5.5.3/ext/mcrypt/
$ phpize
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

どかーっとログが表示するかと思います。
成功すると、Macのローカルでも、composer dump-autoloadが使用できます。

$ composer dump-autoload

新規でlaravelのプロジェクトを作成の際も、以下の様に composerのコマンドで作成できます。

$ composer create-project laravel/laravel hogehoge --prefer-dist

といった感じで上手くいきました。
と、そう何度も何度も行う作業ではないので忘れがちなのでメモメモと。
ではではー。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。