このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Javascript無し CSS3で作成 コンテンツスライダー

CSS3

2011.11.29

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Flashやjavascriptで制作されたコンテツスライダー、バナーのスライダー等は一般的にあったのですが、これをCSS3で作成してみました。

デモページ
デモページはこちらから

HTML

<div class="displayArea">
<div class="slider">
      <ul class="slideLi">
      	<li><a href="#"><img src="img/cs000.jpg" alt="" /></a></li>
      	<li><a href="#"><img src="img/cs001.jpg" alt="" /></a></li>
      	<li><a href="#"><img src="img/cs002.jpg" alt="" /></a></li>
      	<li><a href="#"><img src="img/cs003.jpg" alt="" /></a></li>
      </ul>
      <div class="progress"></div>
      <ul class="slideMark">
      <li></li>
      <li></li>
      <li></li>
      <li></li>
    </ul>
    </div>
</div>

HTMLはなんら特別なことは行っていません。

div.displayAreaという全体を表示するエリアとして配置。

div.sliderというスライド表示部分を作り、ul.slideLiというスライドさせるリストをマークアップ、

表示させるimg要素をa要素で包んでおります。

スライドした部分のバーはdiv.progressとして配置。

また、右上の丸いマークをul.slideMarkとして配置しています。

スライド部分の設定

CSS

.slider{
position:relative;
width:600px;
height:200px;
overflow:hidden;
}

.sliderで必要なCSSはこのぐらいですね。あとは任意で

border:#666 1px solid;
-webkit-box-shadow:rgba(0,0,0,0.5) 2px 2px 2px;

などを追加しています。

.slider .slideLi{
position:absolute;
top:0;
left:0;
width:2400px;
height:200px;
-webkit-animation:slide 20s infinite;
}

スライダーリストのクラス.slideLiに必要なcssです。

position:absolute;を設定する点と-webkit-animation:slide 20s infinite;(他のベンダープレフィックスも任意で追加してください。)

でスライド全体のアニメーションの時間設定を行います。infiniteで繰り返し再生させます。

CSS

.slider .slideLi li{
position:relative;
float:left;
display:block;
width:600px;
height:200px;
}

liはfloatで横に並べるプロパティ指定をします。

アニメーション設定

それではアニメーションの設定を

CSS3

@-webkit-keyframes slide{
20% {left:0px;}
25% {left:-600px;}
45% {left:-600px;}
50% {left:-1200px;}
70% {left:-1200px;}
75% {left:-1800px;}
98% {left:-1800px;}
100% {left:0px;}
}

ul.slideLiに設定したキーフレーム名『slide』というアニメーションの設定です。

leftプロパティで動かしています。4つ配置しているため、25%区切りで調整を行っています。

またデモではopacityのプロパティも追加し、移動時には若干透過するようになってます。

詳しいソースはこちらから
デモページ
デモページはこちらから

CSS マウスオーバー時設定

CSS3
マウスオーバーしたときにアニメーションを止めるのは、こちらのプロパティ。

-moz-animation-play-state:paused;
-webkit-animation-play-state:paused;

設定したアニメーションを止めます。

マウスオーバー時にスライドを止めたいので、

.slider:hover .slideLi{
-moz-animation-play-state:paused;
-webkit-animation-play-state:paused;
}

この設定で止めます。

プログレスバー設定

どのタイミングでスライドするか、を明確にするため、プログレスバーを設置する例が多いと思います。

このプログレスバーも上記の例でCSSでアニメーションさせましょう。

.progress{
position:absolute;
bottom:0px;
left:0;
width:600px;
height:2px;
background:#f98131;
-webkit-animation:progress 5s infinite;
}

一番下に配置したいのでbottom:0px;の設定。
最大に伸びた場合のサイズwidth:600px;の設定。
また一つのスライドのアニメーションの長さを
-webkit-animation:progress 5s infinite;で設定します。

あとはキーフレーム名progressのアニメーションの設定をします。

CSS3

@-webkit-keyframes progress{
0% {width:0px;}
2% {width:0px;}
88% {width:600px;}
92% {width:600px;}
100% {width:0px;}
}

100%にタスクが完了した場合のwidth:600px;を設定したいのですが、

軽くズレが生じたので88%〜92%の設定をしております。

ポーズボタン

あとはポーズボタンの設定。

HTMLとして要素を配置するのもあれなので、擬似要素として生成し配置を行います。

.slider::before,
.slider::after{
content:"";
position:absolute;
top:50%;
left:50%;
display:block;
width: 6px;
height:30px;
background:#fff;
z-index: 10;
-webkit-transform: rotate(-1deg) scale(0);
}
.slider::before{
margin:-15px 0 0 -15px;
}
.slider::after{
margin:-15px 0 0 0px;
}
.slider:hover::before,
.slider:hover::after{
-webkit-transform: rotate(-1deg) scale(1);
}

content:””;で生成、その他のプロパティは任意で設定します。

マウスオーバー時に scale(1)になるように設定していますので、

マウスオーバー時のみ表示します。(その他display:none;とかでも問題ないです。)

そのままだと寂しかったのでrotate(-1deg) で傾くように設定しております。

最後に右上のマークなのですが、デモページのソースを参考にしていただければと思っています。

デモページ
デモページはこちらから

ちょっとしたコンテンツスライダーならCSSで実装しても良いかも知れませんね。

Comment

Related Article

CSS ファイル簡単生成。APBCSS ファイルジェネレーターツール「APB CLI」の使い方。

2017.06.18

「compass」をやめて、爆速「Libsass」に変えたら作業が超捗った件。

2016.06.11

「CSSが難しい。。」「CSSが面倒。。」 と言ったエンジニアさんにもオススメのCSS設計! 「APBCSS(Atomic Parts Base CSS)」が良い感じ!

2016.03.28

2016年は「AtomicDesign」を取り入れた「APB CSS(Atomic Parts Base CSS)」で迷わず、簡単、拡張性持った CSS設計を!

2016.01.02

CSS3アニメーション をスマートフォンサイトで 綺麗に作りたいあなたへ

2014.08.25

フロントエンド パフォーマンス向上について まとめ

2014.01.07

前回に続いて、SPEC vol.4で3位受賞しました。

2012.07.28

前回に続いて、SPEC vol.4に参加しております。

2012.07.15

CSS3のみでAjax風 ページネーション(ページ送り) JavaScript無し

2012.06.03

CSSでフォームパーツ(input,checkbox,etc…)をカスタマイズ

2012.06.03

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

【M1 Mac】Python ScrapyがImportErrorで大ハマリ。lxmlなど環境作成し対応した件。

Python

2023.05.24

ミニPC Minisforum UM773 SE/ Liteがセールみたいだったので、ポチった件

イベント

2023.04.23

AI(ChatGPT)に聞くDart言語

Dart

2023.03.12

DartパッケージでPub Pointsを満点にする

Dart

2023.03.11

Dartパッケージをサクッと作成する

Dart

2023.03.07

DartでさくっとCLIツール作成。

Dart

2023.02.28

M1Macで行う「RUSTではじめるOpenGL」

Rust

2023.02.25

SolidityとEthereumによる実践スマートコントラクト開発 書評 ~ 再構築

暗号通貨、ブロックチェーン

2023.02.10

【Unity x WebAssembly】UnityコンテンツをBlazorとFlutterでWebアプリとして扱う

Unity

2023.01.30

【nasne】M1 Mac Miniで、「torne® mobile」使用して、テレビ視聴。

mac

2022.12.31

2022 VIVA JS World Cup 開幕!! 〜 Vue3で作るサッカーゲーム 〜

JavaScript

2022.12.24

M1 Mac ruby rbenv install error

Ruby

2022.10.10

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US