このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2011.04.06

PHP COOKIE(クッキー)にログイン情報を記録 取り出し

会員サイトでよく利用されているcookieの設定方法です。

cookieにログイン情報を保存する事によって、次回から入力しないでログインが可能となります。

セッションとの違いは、セッションはブラウザを閉じると

消えてしまい、cookieは情報を 次回まで残しておく事が可能となります。

PHP

//ログイン情報を記録する
if($_POST['save'] == 'on'){
setcookie('email',$_POST['email'],time()+60*60*24*7);
setcookie('password',$_POST['password'],time()+60*60*24*7);
}

「記録する」などのチェックボックスを用意し、name=”on”と記述した例です。

「記録する」にチェックが入っていると、setcookie関数によってcookie emailに

$_POSTのemailが代入。passwordも同様です。

time()関数 +60*60*24*7は 60*60*24*7秒 つまり 7日間cookieに保存してください。

と設定しています。

7の部分を変更すると日付を変更できます。

では、cookieに保存した情報の取得方法です。

PHP

if($_COOKIE['email'] != ''){
$_POST['email'] = $_COOKIE['email'];
$_POST['password'] = $_COOKIE['password'];
$_POST['save'] = 'on';
}

$_COOKIE[‘email’] != ” cookieの値が空ではない場合、つまり

cookieに保存してアクセスした場合、

$_POST[‘email’]にCOOKIEに格納されている’email’の値を代入。

passwordも同様。

そして、再び’save’の値にonを代入する事によって、

更に7日間、つまり最後にアクセスして7日間cookieに保存する事になります。

記述の順番は取り出し設定を先に記述すると良いでしょう。

 PHP

if($_COOKIE['email'] != ''){
$_POST['email'] = $_COOKIE['email'];
$_POST['password'] = $_COOKIE['password'];
$_POST['save'] = 'on';
}
if($_POST['save'] == 'on'){
setcookie('email',$_POST['email'],time()+60*60*24*7);
setcookie('password',$_POST['password'],time()+60*60*24*7);
}

てな感じになります。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。