このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

CSS3 3D効果アニメーション 立体四角形作成 transform rotateZ()

CSS3

2011.10.31

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回の記事の

css3 3d 回転 transform rotate()

css3 3d 回転 transform rotate() perspective追加

を参考に今回は、CSS3で立体的な四角形のアニメーションを作りたいと思います。(Javascriptまたは画像を一切使用しません。)

こんな感じのですね。サイコロのように6面体の四角形となります。

早速ソースを見たい方は

デモページ 
 http://webcyou.com/demo/css3/transform/test02.html

 

1
2
3
4
5
6

※webkit系ブラウザ(safari,googleChrome等)で確認してください。

1.1番目の面の作成 

まず基本となる1番目の面の作成を行っていきます。

と同時に、3D処理を行える空間も作成していきます。

transform-originプロパティを追加し、2Dまたは3D効果の原点の位置を決めます。

(今回はwebkitのみ適応の-webkit-プリフィックス追加で設定していきます。)

また、transform-style preserve-3d追加で3D空間を作ります。

HTML

<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
</div>
</div>

CSS表示エリア(任意)

#viewArea{
width:160px;
height:160px;
margin:80px auto;
}

CSS面エリア (デザイン、サイズ調整任意)

#cube div{
position:absolute;
height:160px;
width:160px;
border:3px solid #222;
background:rgba(22, 122, 203,0.7);
text-align:center;
font-size:130px;
color:#fff;
font-family:Times;
}

 

CSS面エリア親要素

#cube{
-webkit-transform-style:preserve-3d;
-webkit-transform-origin: 80px 80px 0;
}

2.2番目の面の作成 

続いて2番目の面の作成を行っていくのですが、今のままだと確認がしづらいので

親要素である 「#cube 」rotateY と rotateXで角度を付けます。

CSS

#cube{
-webkit-transform: rotateY(55deg) rotateX(51deg);
}

2番目が面が付く場所は以下の場所となります。

※1

まず、2番目の面としてdiv class twoを追加します。

HTML

<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
<div class="two">2</div>
</div>
</div>

この段階だとまだこのようになります。

ここで、一番目の面div class one に対してtransform: translateZ(80px)を指定し、2番目の面と離します。

CSS

#cube .one{
-webkit-transform: translateZ(80px);
}

さらに2番目の面を-90度傾けます。

(右の画像はtransform: translateZ(80px)を指定しない場合です。

さらに2番目の面(.two)にもtransform: translateZ(80px)を指定し以下の部分へ持ってきます。

CSS

#cube .two{
-webkit-transform: rotateX(-90deg) translateZ(80px);
}

2番目の面完成図

3.3番目の面の作成 

続いて、3番目の面の作成していきます。

2番目の面同様、transform: translateZ(80px)を指定し

2番目の面と反対の値、transform: rotateX(90deg)に設定します。

HTML

<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
<div class="two">2</div>
<div class="three">3</div>
</div>
</div>

CSS

#cube .three{
-webkit-transform: rotateX(90deg) translateZ(80px);
}

更に、面の向きを変えるためtransform: rotateY(90deg)を加えて完成。

CSS

#cube .three{
-webkit-transform: rotateY(90deg) rotateX(90deg) translateZ(80px);
}

4.4番目の面の作成 

続いて4番目の面の作成。例のごとくHTMLにdivを追加します。

HTML

</pre>
<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
<div class="two">2</div>
<div class="three">3</div>
<div class="four">4</div>
</div>
</div>
<pre>

追加した状態はこのような状態だと思います。

これまた例のごとく、transform: translateZ(80px)を追加します。

#cube .four {
-webkit-transform: translateZ(80px);
}

この位置にくるので、transform: rotateY(180deg)で1番目の反対の位置に配置します。

-webkit-transform: rotateY(180deg) translateZ(80px);

やや完了ですが、さらに回転させ4番目の向きを変えます。

CSS

-webkit-transform: rotateY(180deg) rotateZ(90deg)  translateZ(80px);

4番目の面はこれで完成。

5.5番目の面

5番目の面の作成。またまた例のごとくHTMLにdivを追加します。

HTML

<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
<div class="two">2</div>
<div class="three">3</div>
<div class="four">4</div>
<div class="five">5</div>
</div>
</div>

4番目の面と同様、ここからスタートです。

さすがにもう覚えましたね。transform: translateZ(80px)を追加します。

1番目の面までもってきます。

5番目の面を任意の位置まで持っていくため、例のごとくrotateY(-90deg)を設定

CSS

#cube .five {
-webkit-transform:rotateY(-90deg) translateZ(80px);
}

 

また、例のごとくですが、さらに向きを変えるためrotateZ(90deg)を追加し完成です。

CSS

#cube .five {
-webkit-transform: rotateY(-90deg) rotateZ(90deg) translateZ(80px);
}

6.6番目の面

もうここまでくるとさすがにわかりますよね。5番目の面の反対側に設定したいので、
5番目の面で設定したrotateY(-90deg)rotateY(90deg)にするだけでOKです。

HTML

<div id="viewArea">
<div id="cube">
<div class="one">1</div>
<div class="two">2</div>
<div class="three">3</div>
<div class="four">4</div>
<div class="five">5</div>
<div class="six">6</div>
</div>
</div>

 

CSS

#cube .six {
-webkit-transform: rotateY(90deg) translateZ(80px);
}

 

これでついに完成!
デモページ 
 http://webcyou.com/demo/css3/transform/test02.html

Comment

Related Article

CSS ファイル簡単生成。APBCSS ファイルジェネレーターツール「APB CLI」の使い方。

2017.06.18

「compass」をやめて、爆速「Libsass」に変えたら作業が超捗った件。

2016.06.11

「CSSが難しい。。」「CSSが面倒。。」 と言ったエンジニアさんにもオススメのCSS設計! 「APBCSS(Atomic Parts Base CSS)」が良い感じ!

2016.03.28

2016年は「AtomicDesign」を取り入れた「APB CSS(Atomic Parts Base CSS)」で迷わず、簡単、拡張性持った CSS設計を!

2016.01.02

CSS3アニメーション をスマートフォンサイトで 綺麗に作りたいあなたへ

2014.08.25

フロントエンド パフォーマンス向上について まとめ

2014.01.07

前回に続いて、SPEC vol.4で3位受賞しました。

2012.07.28

前回に続いて、SPEC vol.4に参加しております。

2012.07.15

CSS3のみでAjax風 ページネーション(ページ送り) JavaScript無し

2012.06.03

CSSでフォームパーツ(input,checkbox,etc…)をカスタマイズ

2012.06.03

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Go言語開発者、Unity開発者必見!! 【Golang】「クソコードをシンプルにする」,【Unity】「Singletonを使わないUnityを用いたApplication開発」

イベント

2021.05.23

TypeScriptでStateMachine

AI・Bot・algorithm

2021.05.16

iPad Air で、Web開発環境構築(iSH Alpine使用)

mac

2021.04.11

【Qt】Mac開発 ソートダイアログ (拡張するダイアログ)を作成

C++

2021.04.01

M1 (Appleシリコン)Macで Widowsアプリを起動

mac

2021.03.27

M1(Appleシリコン)Macで、ファミコンソフトプログラミング。 サクッと開発環境準備編

Game

2021.03.21

iPad Air 2020を購入しちゃった件。

mac

2021.03.14

眠っているラズベリーパイをネットワークオーディオ化 Volumio2 インストール手順

RaspberryPi

2021.03.12

ラズベリーパイ 5インチDSIタッチスクリーン ディスプレイを使う。

RaspberryPi

2021.01.11

今年読んで良かった書籍は、「Go言語でつくるインタプリタ」でした。

イベント

2020.12.31

【Qt】Macの、Qt Creatorで Dialog GUI作成

C++

2020.12.29

【Qt】Macで、Qt Creatorをbrew installしてサクッと起動する。

C++

2020.12.14

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US