このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

サーバーサイドJavascript node.js expressやらnpmやら

JavaScript

2013.01.14

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回の、サーバーサイドJavascript 『node.js』 macにインストール・使用方法の続きとなります。

node.jsをインストール完了したかと思いますので、

更に便利に使う為、「npm(Node Package Manager)」を利用し、

「express」をインストールしましょう。

npm

https://npmjs.org

express

http://expressjs.com

 

node.jsのwebサイトからパッケージをダウンロードし、インストールした場合、

npm(Node Package Manager)も利用出来る状態かと思います。

npm -v

でバージョンが表示すればインストールできている状態となります。

インストールできていない場合は、

curl http://npmjs.org/install.sh | sh

でインストールできるようです。

パーミッションエラー当でインストールできない場合は、

sudo curl http://npmjs.org/install.sh | sh

こちらでよいのかな。。

再び、

npm -v

でバージョンが表示すればインストールできている状態となります。

express インストール

expressをnpmコマンドでインストールします。

npm install -g express

でインストールできるようです。(expressはパッケージ名。expressの場合なのでexpress)

オプション-gがないと、実行しているディレクトリ下に

“node_modules”ディレクトリを作り、そこにパッケージが入ってしまいます。

オプション-gを付けることによって、一度のインストールで全部のnode.jsアプリケーションで

使えるようにグローバルな領域にモジュールをインストールします。

この際、パーミッションエラーでインストールできないことがあるようなので、

エラーが出てしまう場合は、

sudo npm install -g express

sudoコマンドを利用してインストールします。

passwordを求められますので、PCのパスワードを入力。リターン。

express 検証

インストール完了しましたら、早速使ってみましょう。

npmでexpressをインストールした場合、expressコマンドが使えるようになっているので、

任意のディレクトリで次のコマンドを発行すると、新たにsampleディレクトリが作られます。

express example

実行すると、以下のディレクトリが作成されます。

create : example
create : example/package.json
create : example/app.js
create : example/public
create : example/routes
create : example/routes/index.js
create : example/views
create : example/views/layout.jade
create : example/views/index.jade
create : example/public/javascripts
create : example/public/stylesheets
create : example/public/stylesheets/style.css
create : example/public/images

dont forget to install dependencies:
$ cd example && npm install

expressコマンドでアプリケーションの骨組みを作ってのですが、このままだと使えませんので、

コマンドラインにも表示しているように、

cd example

でディレクトリを移動し、

npm install

npmコマンドを使うと、このpackage.jsonが読み込まれて必要なモジュールがインストールされます。

nodeコマンドでapp.jsを実行します。

node app.js

すると、

Express server listening on port 3000 in development mode

と表示されますので、http://127.0.0.1:3000/にアクセスすると、

次のような画面が表示されると成功となります。

routes/index.js

/*
* GET home page.
*/
exports.index = function(req, res){
 res.render('index', { title: 'Express' });
};

views/index.jade

extends layout
block content
h1= title
p Welcome to #{title}

こちらでテンプレートを出力しているようでしたので、こちらを変えてみると、

出力も変更できました。

以上になります。

インストール先

node.jsをパッケージでインストール

/usr/local/bin

npm install でインストールしたパッケージ

/usr/local/lib/node_modules

に格納される。

Comment

Related Article

Nuxt.js と auth-module (@nuxtjs/auth)で、JWT(JSON Web Tokens)& OAuth 認証 ログイン

2019.02.21

ブラウザフィンガープリントは、Cookieの代用となるのか? JSライブラリ Fingerprintjs2など。

2019.02.03

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

2018.12.23

nodeのない環境にnodeを導入(HTML5ゲームも提供)し続け、1年数ヶ月経過後、かなり開発環境が整ってきたお話。

2018.09.26

Vue.js + SSR (Universal JavaScript)環境を、「NUXT.js」でサクッと構築する方法。

2017.10.09

フロントエンド開発が捗る JSON Serverについて

2017.07.10

技術書、参考書のしおりには【BOOK DARTS】がオススメ!

2017.07.01

会社で npm Private導入して、1ヶ月で8個ほどパッケージ作成したお話。

2017.06.02

Vue.js が予想以上に良かったので、既存WordPressに導入。Vue.js (vue-class-component) + TypeScript + WordPress で作る、記事読み込み component 「実装編」

2017.03.26

Vue.js が予想以上に良かったので、既存WordPressに導入。Vue.js (vue-class-component) + TypeScript + WordPress で作る、記事読み込み component 「環境構築編」

2017.02.21

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Nuxt.js と auth-module (@nuxtjs/auth)で、JWT(JSON Web Tokens)& OAuth 認証 ログイン

JavaScript

2019.02.21

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

エラー

2019.02.13

ブラウザフィンガープリントは、Cookieの代用となるのか? JSライブラリ Fingerprintjs2など。

JavaScript

2019.02.03

CPUの創りかた TD4 購入(必要)パーツ一覧

電子工作

2019.01.21

あけましておめでとうございます(かなり遅め)

イベント

2019.01.12

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

JavaScript

2018.12.23

2018年 Docker 使い方 まとめ その3

Docker

2018.12.17

2018年 Docker 使い方 まとめ その2

Docker

2018.12.16

2018年 Docker 使い方 まとめ その1

Docker

2018.12.15

macOS Mojaveにアップデート vagrantで、failed MSpanList_Insert 0x1e3000 0x170f8379be41 0x0 エラー発生 vagrantが起動しない件

エラー

2018.12.15

まだ間に合う!!「RSコンポーネンツ」で、ラズベリーパイが 配送料無料で購入できるキャンペーン中!

RaspberryPi

2018.12.07

IntelliJ + Spring Initializr + Gradleで、サクッとSpring Boot環境を構築

Java

2018.11.24

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US