このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2014.08.24

Laravel4 パーミッションエラー Vagrant パーミッションが変更しない件

Laravelを扱おうとすると、「あれ表示しない。」

どうやらパーミッションエラーが起きている。

/app/storage フォルダの権限をchmodで777に変更。

あれ、まだ表示しない。。。

あ、そうか、vagrant側のパーミッションを変更せねばではと、

[code]vagrant ssh[/code]

でログイン。

[code]chmod 777 storage[/code]

い、いや。変更しない。。。びくともしない。

色々調べたところ、

「同期ディレクトリ以下は、パーミッションだけでなく、オーナーやグループまでもがVagrantの設定に依存している。」

との事で、Vagrant.fileにパーミッション変更を追加すれば良いとのこと、

早速Vagrant.fileに追加する。

共有フォルダの設定は

[code]config.vm.synced_folder "ホスト側のディレクトリ", "ゲスト側のディレクトリ"[/code]

となっていまして、それ以下のフォルダ、オーナーとグループを以下の様にしてみる。

[code]owner:'vagrant', group:'apache'[/code]

パーミッション変更

[code]mount_options:['dmode=777','fmode=755'][/code]

mount_optionsは、

mount_options:['ディレクトリの権限','ファイルの権限']

となっています。これらをまとめると、

[code]config.vm.synced_folder "./", "/vagrant", owner:'vagrant', group:'apache', mount_options:['dmode=777','fmode=755'][/code]

との感じで追加して

[code]vagrant reload[/code]

ドキドキドキドキ。

再度、localhost:8080を叩くと。。。

まだ表示しないぃぃいぃい。

な、何故だ。。

ふと気が付きました。。

どうやらvagrantのバージョンによって記述が変わっているような事が。。

[code]vagrant --version[/code]

で調べると、

[code]Vagrant version 1.2.7[/code]

ふむ。

古いのでは。。

以前の指定の記述は

[code]:extra => 'dmode=775,fmode=775'[/code]

とのことで、

[code]config.vm.synced_folder "./", "/vagrant", owner:'vagrant', group:'apache', :extra => 'dmode=775,fmode=775'[/code]

に変更して、再度 vagrant reload して localhost:8080を叩くと、

 

表示したぁあぁ!!!

いやー。。結構ハマっちゃいましたよー。

でも表示して良かったー。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。