このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2016.07.06

CMake インストール 使い方

今回は、「CMake」に関してです。

CMake」がなんぞやって方に。

CMake」はMakeファイル自動生成してくれるツールとなります。

コンパイル環境毎に異なるMakeファイル作るように設定できる、 CMakeLists書けばソースファイルの大きなプロジェクトの管理とかも楽になります。

CMake

CMake

スクリーンショット 2016-07-06 10.08.38

公式ページ

https://cmake.org/

インストール

インストール
https://cmake.org/install/

こちらからバイナリファイルをダウンロード。

スクリーンショット 2016-07-06 10.11.51

ダウンロード完了後、ダウンロードしたディレクトリに移動。

以下の様にコマンドを叩きます。

スクリーンショット 2016-07-06 10.11.22

[code]./bootstrap
make
make install[/code]

これでインストール完了!

CMakeLists 作成

それでは、早速、CMakeListsを作成。
基本的なコンパイルオプションの設定を。

[code]cmake_minimum_required(VERSION 2.6) # ここで指定したバージョン以上のcmakeで実行可能
project(TestProject) # 任意のプロジェクト名
set(CMAKE_CXX_COMPILER "/usr/bin/clang++") # C++コンパイラ指定
set(CMAKE_CXX_FLAGS "-Wall -std=c++14") # コンパイルオプションの指定
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG "-g -O0 -ggdb") # デバッグモードのオプション
set(CMAKE_CXX_FLAGS_RELEASE "-O3") # リリースモードのオプション[/code]

include, libディレクトリの設定

[code]include_directories(/demo/include_path/) # includeディレクトリの指定
link_directories(/demo/lib_path) # libディレクトリの指定[/code]

# 生成実行ファイルの指定

[code]add_executable(demo demo_1.cpp demo_2.cpp) # demoという名前で実行ファイル生成
target_link_libraries(demo demo_lib) # リンクするライブラリとリンクする実行ファイルの指定[/code]

と基本的なところを記述して、

[code]cmake ./ # Makeファイル生成[/code]

すると、色々とファイルが生成されます。

スクリーンショット 2016-07-06 10.33.33

[code]cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debug ./ # デバッグモードのコンパイルオプション使用の際
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ./ # リリースモード[/code]

[code]make # 実行ファイル生成[/code]

その他にもGUIのAppもあるようですね。

スクリーンショット 2016-07-06 10.27.40

ではではー。

 

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。