このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2011.08.02

mac ターミナルでFTP

通常、FTPクライアントソフトなどを使用し、FTP接続を行うのですが、

UNIXベースのmac OSXにはターミナルという万能野郎がいます。

(windowsでいうコマンドプロンプトです。)

その万能野郎ターミナルを使用し、ファイルをUPしちゃおう!

というのです。

手順

1.まずインターネット接続出来ている状態でターミナルを起動(順不同)

2.「ftp」とタイピング、「return」キーを押す。

ftp>

とftpクライアントが起動。(ftp サーバ名」でもopenできる)

3.「open」とタイピングし「return」キーを押す。

(to)

と表示されるのでのでサーバ名をタイピングし「return」キーを押す。

4.FTPdに接続できたら

Name(サーバー名):

表示されるので、ユーザ名をタイピングし「return」キーを押す。

5.続けて

Password:

と表示されるのでPasswordをタイピングし「return」キーを押す。

6.ログイン完了すると

ftp>

の状態に再びなる。

7.サーバ側のディレクトリの移動は「cd」、

Mac OS X(ローカル)側は「lcd」でディレクトリ移動。

「cd ディレクトリ名」をタイピングして「return」キーを押す。

私が アップしたいサーバ側ディレクトリへ移動。

8.「ls」で現在のディレクトリのファイルの確認が出来ますので、

移動したら行いましょう。

9.UPする対象ファイルはデスクトップ上にあるので、(どこでもよい。)

「lcd」とタイピングし、「Desktop」フォルダ(家アイコン直下のdesktopフォルダ)をターミナルにドラッグ&ドロップすると

パスが表示されるので、「return」キーを押す。

(パスを記述してもよい。)すると

Local directory now:

と表示される。ローカルの現在いるディレクトリを表示。

10.アップしたいファイル名をコピーします。

11.「put」とタイピングし、コマンド + ペーストする。

ftp> put test.html

と表示。

12.「return」キーを押す。

(この作業の前に、「Using binary mode to transfer files.」となっていることを確認。

なっていない場合は putする前に、「binary」タイピングして「return」キーを押す。

するとバイナリ・モードに切り替わる。

また「ascii」タイピングして「return」キーを押すとテキスト・モードになる)

13.「226 STOR “test.html” success.」や

「226 Transfer complete」表示したらUP成功。

「quit」とタイピングして「return」キーを押す。

14.お疲れ様でした。

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。