このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Android開発はやっぱりAndroid Studioですかねー。

Android

2015.05.19

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

どもです。

いやぁ。復活した!w

(ドメイン料支払い忘れて表示しない状態という大失態をおこしていたのでした。。)

何について書こうか、Angularjsについて書こうか、Gulpについて書こうか、shef soloについて書こうか、cocos2d-xについて書こうか、Laravelについて書こうか、アングリーバードファイトについて書こうか..

と何かと定まらない今日この頃、使うつもりでなかった「Android Studio」について今日は綴ります。

Android Studio

Android Studioは、IntelliJをベースとしたAndroid開発の統合開発ツールです。

Android Studio

インストール

もちろん、無料で使用できます。

そもそも使う予定ではなかった。

業務でAndroid開発するのですが、IntelliJでも同様の機能が備わっており、「IntelliJで良かったー。」「網羅してますね><」なんてことを思っていたのですが、

どうやら、バージョンUPしないと、使いたかった「レンダリングライブラリ」等などの機能フルフルで使えそうにない。。。

激しくショック。。

このためにお金を払ってバージョンUPするのも、うーん。。。

と言ったわけで、無料のAndroid Studioを使用することにしました。

インストール

インストールはこちらから、

インストール

規約に同意のチェックを入れ、

android-studio-ide-xxx-mac.dmgファイルがダウンロードされますので、ダブルクリックでマウントして

いつものとおり、Applicationsフォルダに放り投げインストール完了。

インストール中でハマる

インストール完了したら早速起動!!

ドキドキ。

スマートフォンのみならず、Android Wearや、Google Glassなんかもいけまっせ!

云うてます。

Android Studioのプロジェクトがないので、こちらを選択。

Customを選択してみました。

テーマ選択。

Intelij同様、黒系選択。

ほうほう。

SDKも同時にインストールしてくれるのね。

いたせりつくせりのAndroid Studioさん。

多分、まっさらな状態から始める方は、問題なくインストールできるかと思いますが、

私はここでちょっと時間を使ってしまいました。

Android Studioの初期セットアップで、Android SDKをインストールするのですが、インストール前から存在する、既存のSDKを利用したいと思い選択するのですが、エラーが出てループ状態。

いろいろ確認していくと、ライブラリが足りないやらなんやら、macでapt getできるようにしたまではいいが、どうもインストールできないぞ。。

うーん。。。

といった訳で、回避策としてとりあえず、指示に従いそのままインストールすることにしました。

お。

Intel HAXMも同時にインストールしてくれるのか!><

上手くいけば、こんなStart画面が表示。

もう、IntelliJそのまんま!

セットアップ後のSDKのパスの変更も出来ますので、セットアップ後変更。

変更は、メニュー右側、

Configure > Project Defaults > Project Structure > Android SDK Location

で変更

SDKは結構容量食いますので、必要ないものは削除致しましょう。

とりあえずスタート

なにはともあれ、とりあえずスタートさせましょう。

メニューの上から

Start a new Android Studio project … まっさらな状態から開始

Open an exising Android Studio project…既存のAndroid Stuioプロジェクトを開く

import an Android code sample…プロジェクトコードサンプルを開始

Check out project from Version Control…バージョン管理された(GitやSvn)プロジェクトをチェックアウトし開始

import project…Android Studio以外で制作されたプロジェクトを開始(manifestsファイル読み込みもこちら)

Configure…設定

Docs and How-Tos…困ったらこちら

と言った訳で、今回は「Start a new Android Studio project 」を選択しプロジェクトスタート

まずは、「Application name」「Company Domain」「Project location」を入力(今回はそのままでOK)

次に、対象とするOS(API)の最低ラインを決めます。

この場合、Android 4.3(API18)以上が対象のアプリとなります。

続いて、activityの選択。

今回は、Hello World!を表示させたいだけなので、Blank Activtyを選択。

バーン!来た!

しばらく待つと、indexファイルが構築され、色々と表示されます。

今回は、もうとにかく、「Hello World!を表示させたい」との言ったわけで、

おもむろに、Android Studio上部にある、

こちらの「▶」ボタンを押して実行させましょう。

いくぞ、

お、

押すぞ。。。

ダーン!!!!

Hello world!!

こんにちはぁぁ!!!

お疲れさまでした!!!

ほとんどInteliJと変わらない。

と言った訳、途中、AVDのインストールとか、設定とかもろもろ飛ばして強引な記事となってしまったが、

簡単に使えますよ。と言ったことを伝えたかった。

と言いたいところが、結構つまずいたり、SDKのインストールでクソ時間がかかったりと、大変なことがあったりしたのですが、次回まとめて書けていければと思います。

こちらの過去記事なんかも参考にしていただければありがたいですー

MacにAndroid SDKをインストール

内容が超古いので、多々違うところがありそうですが。。

といったわけで、Android Studio。

IntelliJベースといったわけで、ほとんど同じでIntelliJPHP storm 、webstorm等使用されている方はすんなりと使えるのではないですかね。

次回はApp作成の際の手順などを書けていければと思いますー。

ではではまたまた!

Comment

Related Article

Google PlayアプリをPCで。Androidエミュレーター「Genymotion」の設定方法

2016.07.02

Android 超爆速エミュレータ Genymotionを使う。Android Studio導入。

2015.05.24

Android開発はやっぱりAndroid Studioですかねー。

2015.05.19

Android端末 ADBコマンド webインスペクタのデバッグ方法

2014.07.28

【再掲】PCやMacで Androidアプリを動かす「BlueStacks」使い方

2014.02.19

HTC J One HTL22 を購入!!その結果。。。 UAとか、Webビューとか、スマートパスとかの話

2013.06.17

Android セキュリティー警告 証明書 エラー googleplayに接続できない場合

2013.06.11

AndroidでrotateX等が適応されない時の代替え CSS3アニメ処理

2012.02.25

9.png Android NINE Patch 画像作成(draw9patch)

2011.10.29

スマートフォン JavaScript ユーザーエージェント振分け

2011.08.18

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Arduino IDEとArduino接続して、サクッと設定。

電子工作

2019.08.15

ついに、M5Stack Gray 購入!! その他諸々、購入したボードの振り返りなど。

電子工作

2019.08.12

正規表現 先読み後読み 論理積

JavaScript

2019.07.28

PythonでGUIアプリ開発「PyQt」を使った感想

Python

2019.07.18

「二段階認証?」という方も 5分で覚える パスワードレス WebAuthnのまとめ

JavaScript

2019.07.07

上級者向け JavaScript 問題集 「javascript-questions」日本語翻訳担当してます。

JavaScript

2019.06.22

Wordpress サイトで、長時間 500 Internal Server Error発生。解決した方法とは。

WordPress

2019.06.18

Ubuntu 18.04 LTSで OpenGL開発

ubuntu

2019.05.20

MacOS Mojave (10.14.4)の Xcode に、過去のMacOSのSDKをインストール

C++

2019.05.19

クローンソフトの「EaseUS Disk Copy」を使って、OSのバックアップを取ってみた。

tool

2019.05.06

Rails5 gemでmysql2が インストールできない

Ruby

2019.05.05

平成最後のお買い物!!「Logicool MX Master 2 Wireless Mouse」と「K780 マルチデバイス BLUETOOTH® キーボード」で快適PC生活。

ubuntu

2019.04.27

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US