このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Cocos Studio 1.6系 & 2系 インストール、使い方まとめ

Cocos2d-x

2015.09.27

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

スクリーンショット 2015-09-27 17.09.51

また、Cocos2d-xの記事なんですが、GUIでアニメーションを作成出来る、Cocos2d本家がサポートしている「Cocos Studio」を使っていこうと思います。

1.6系と2系で結構変わっている点が多く色々と悩みました。。

出力

1.6系だと、このように「プロジェクトをエクスポート」より、プロジェクトを出力すると、

スクリーンショット 2015-09-27 17.51.04

「.plist」「.png」「.ExportJson」

ファイルをそれぞれ出力するのですが、2系では この形式ではなく、csbファイルで出力されるようです。。

スクリーンショット 2015-09-27 18.01.35

うーん。。

 

しかも、1.6系は機能をフルで使えるのは、windowsのみの対応のようで、

当方では、Parallelsでwindows10を立ち上げて、Cocos Studio1.6系を使っておりました。

ちなみに1.6系のダウンロード(公式では過去バージョンのダウンロードがない様子)はこちらから可能です。

 

Cocos Studio1.6

http://m.nensou.com/k/cocostudio+1.6

リンクに飛ぶとダウンロードが始まります。

 

とりあえず、.ExportJsonを読み込んでCocos プロジェクトを作成したいので、

Windows Cocos Studio1.6系を使って制作しようと進めていたのですが、どうもスプライトの表示が行われない。。w

スクリーンショット 2015-09-27 17.54.02

UI EditorでCanvasにスプライトを表示したいのだが。。

スクリーンショット 2015-09-27 17.54.38

Animation Editorのサンプルを開いてもこのような残念な状態。。

おおぅ。。

Parallelsで使用しているからでしょうか。。。

うーん。

これじゃあんまりGUIで作成する意味がないような。。w

ということで、Parallelsで古いバージョンのCocosStudioを使っていくのもあれなので、

Mac CocosStudio2系を使って行くことにしました。

Mac CocosStudio2

環境

Mac OS10.10.5

Cocos2d-x v3.7

CocosStudio 2.3.2

当方では、CocosよりCocos2d-x v3.7をインストールしたのだが、cocos newコマンドでプロジェクトを生成すると既にこのように

cocosstudioフォルダと「.ccsファイル」「.cfgファイル」「.udfファイル」が生成される。

スクリーンショット 2015-09-27 17.29.32

「.ccsファイル」をCocosStudioで開くと、このような状態ですぐ制作できる状態だ。

スクリーンショット 2015-09-27 17.42.25

proj.ios_macフォルダ「.xcodeproj」ファイルをXcodeで開き、「HelloWorldScene.cpp」を開くと

スクリーンショット 2015-09-27 17.44.05

すでに、MainScene.csbファイルを読み込んでおり、これに従って作成していくと良さそうな雰囲気ですね。

リソースに関しては「Resources/res」にデフォルトで格納されている。

スクリーンショット 2015-09-27 18.13.39

HelloWorld Image変更

初期状態では、こちらのCocos2d-xのロゴが表示される状態なので、HelloWorld.pngを差し替えて違う画像が表示するようにテスト。

PhotoShopでこのような画像を用意。

スクリーンショット 2015-09-27 18.08.15

こちらに格納されているHelloWorld.pngを上書き。

スクリーンショット 2015-09-27 18.19.40

メニュー上にある、こちらのPlayボタンを押して、Cocos Simulatorを起動。

スクリーンショット 2015-09-27 18.07.59

スクリーンショット 2015-09-27 18.09.19

お!差し代わっていますね。

では、Publishを行います。

スクリーンショット 2015-09-27 18.13.56

メニュー>Project>Publish and Package を選択。

スクリーンショット 2015-09-27 18.14.07

Publish Resourceを選択で 「Setting」をクリック。

スクリーンショット 2015-09-27 18.14.14

上記のような設定で「OK」パブリッシュ。

Xcodeに戻り、Buildを行いSimulatorを立ち上げると、

スクリーンショット 2015-09-27 18.13.15

おお。差し代わっていますね!

とりあえずソースを全く書かずに画像の差し替えは行えましたね!

GUIで制作したいって方は、無料で色々な機能がそろっている「Cocos Studio」を使っては如何でしょうか。

次回以降、細かい設定や使い方などをUPしていければと思います。

ではではー。

スクリーンショット 2015-09-27 18.29.08

Comment

Related Article

Cocos2d-x iPhone実機転送で「Xcode setting ENABLE_BITCODE」error

2015.11.28

CocosStudio 1.6系 & 2系 Animationの表示 Armatureクラス、読み込み方まとめ

2015.09.30

Cocos Studio 1.6系 & 2系 インストール、使い方まとめ

2015.09.27

Cocos2d-x スプライトの扱い まとめ

2015.09.26

Cocos2d-x インストール 開発環境構築

2015.09.01

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Webassembly用いて、SDL 2.0をブラウザでレンダリング

C++

2020.08.10

macOS pyenv環境でtkinterが動かないので、再度インストール

Python

2020.08.09

Mac Home brewでSDL2.0を簡単に環境設定

C

2020.06.24

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その3

Python

2020.06.14

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その2

Python

2020.06.08

Django django-rest-auth + Nuxt.js auth-module で作る SPA JWT OAuth ログインシステム その1

Python

2020.06.07

このコロナ禍で、飛沫感染防止など求められる中「電子メモパッド」が重宝。 1300円で購入可能な電子メモパッドが超絶便利な件。

tool

2020.06.02

OAuthのフローを可視化できるツールを作ってみました。

JavaScript

2020.05.17

Django django-allauthで、サクッとソーシャルログイン機能を実装

Python

2020.04.12

部下を育てる技術

イベント

2020.04.08

令和の時代に、JavaScriptで Shift-JISファイル作成 全銀データフォーマットに対応する。

JavaScript

2020.03.03

インターネットにて世論調査を行う「世論Web」サービスを始めてみました。

JavaScript

2020.01.31

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US