このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

web帳

記事詳細

2011.02.21

MAMPの設定方法

MAMPはアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップするだけで

Apache,PHP , MySQL を Mac OSX にインストールすることができるアプリケーションです。

名前の由来はそのままMac ,Apache,MySQL,PHPの頭文字を取ったのが由来です。

MAMP
http://www.mamp.info/en/index.html

設定方法

難しい事は有りません。

インストールして、アプリケーションフォルダに放り込めば使用可能となります。

設定しない状態はApacheのポートが8888、MySQLのポートが8889となっています。

http://localhost:8888/でドキュメントルートを開くことができます。

これを

環境設定 > ポート

これをクリックすることによって

Apache のポート80

MySQLのポート 3306 に変更します。

これによってhttp://localhost:8888からhttp://localhost/へと変更します。

ドキュメントルートの変更

また、ドキュメントルートの変更は

環境設定 > Apache

で変更できます。ファイルを置いているパスに変更しましょう。

バーチャルホストの設定

また、バーチャルホストの設定は

/Application/MAMP/conf/apache にある

httpd.conf を編集します。

末尾に以下のように追記していきます。

<Directory "/Users/<username>/test">
Options All
Order Deny,Allow
Deny from all
Allow from localhost
</Directory>

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/Users/<username>/test/example"
ServerName example.localhost
</VirtualHost>

 

usernameはPCのユーザー名をそれ以下は任意のフォルダをパスを記述。

/private/etc ディレクトリにあるhosts というファイルを

テキストエディタ等で編集しホストを追加していきます。

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 example.localhost

 

MAMP のコントロールパネルから Apache を再起動すれば完了です。

プロジェクトが増える度に、

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/Users/<username>/test/example2"
ServerName example2.localhost
</VirtualHost>
127.0.0.1 example2.localhost

とそれぞれ追加していけばよろしいです。

PHP SSI等 設定

/Application/MAMP/conf/apache にある httpd.conf を編集します。

また、MAMP で SSI を利用する場合はhttpd.conf 内の関連記述が

以下のようにコメントアウトされているので、

#AddType text/html .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .shtml

上記の頭の#を削除し

AddType text/html .shtml
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html .htm .php

必要に応じて AddOutputFilter 行の末尾に使用するファイルの拡張子を追加すれば、インクルード文等が使えるようになります。

また、

AddType application/x-httpd-php .php

こちらも以下のように変更。ない場合は追加。

AddType application/x-httpd-php .php .html .htm

こちらを追加すればhtml拡張子のまま、PHPを実行することが可能となります。

 

よし、インクルード可能!と思いきや、インクルードできない。。

まだ設定が必要でした。。

Options ディレクティブに Includes を追加して SSI を許可する必要があります。

編集ファイルは/Application/MAMP/conf/apache にある httpd.conf を編集します。

Options Indexes FollowSymLinksで検索すると、以下のところにひっかると思うので、

これを以下のように修正。None → Allに変更

<Directory />
Options Indexes FollowSymLinks
AllowOverride All
</Directory>

よしゃーインクルード出来たぁ〜!と。

個別にSSI有効設定

上記の「Options Indexes FollowSymLinks」の後に「ExecCGI Includes」を追記することでSSI が有効になるのですがこれだと全てのバーチャルホストで有効になってしまいます。

関係ないバーチャルホストはSSI を有効にしたくない時は個別に設定!

手段は2つ。

1. .htaccess で設定

2. httpd.conf で Directory を指定して設定

.htaccess で設定する場合は「Options +Includes」と記述します。

今回は 2番目の方法で設定します。

編集ファイルは/Application/MAMP/conf/apache にある httpd.conf を編集します。

<Directory "/Users/ユーザ名/www/ローカルホスト名/htdocs">
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI Includes
</Directory>

 

ユーザー名とローカルホスト名は任意で。

これで個別にSSIを有効にするかどうかを振り分ける事ができます。

 

インクルード文に限らず、htmlファイルのままPHPを実行したい場合は

AddType application/x-httpd-php .htm .html

こちらを追加すればhtml拡張子のまま、PHPを実行することが可能となります。

.htaccessなどで使用例

html拡張子のまま phpのinclude(インクルード)使用 ロリポップ可

  • RSSを登録する

  • follow us in feedly

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、港区六本木で活動中。

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。