このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

HTML5 Webストレージでデータを保存 その4(なんちゃってソーシャルゲーム・ゲージ)

HTML5

2013.02.09

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回の

HTML5 Webストレージでデータを保存 その3(クエスト進行CSS3アニメーション)

の続きになります。

前回まではボタンをクリックすると背景画像がCSS3アニメーションし、歩いている感じまで作成しました。

今回は、ボタンをクリックすると「Quest進捗」「Ex」「Gold」

ゲージ及び数値が変わるところを行って行きたいと思います。

対象DOM取得

対象となるDOMを取得するための記述を行います。

HTML

<ul class="statusLi">
  <li class="lv">Lv:<span class="val">1</span></li>
  <li class="quest">Quest進捗:<span class="Gauge"><b style="width:10%;"></b></span><span class="val">10</span></li>
  <li class="ex">Ex:<span class="Gauge"><b style="width:20%;"></b></span><span class="val">10</span></li>
  <li class="gold"><span class="val">100</span>Gold</li>
</ul>

ここらへんの要素を取得します。

Javascript

lvElem = document.querySelector('.lv > .val'),
questValElem = document.querySelector('.quest > .val'),
exValElem = document.querySelector('.ex > .val'),
goldElem = document.querySelector('.gold > .val'),
questGauge = document.querySelector('.quest > .Gauge > b'),
exGauge = document.querySelector('.ex > .Gauge > b');

それぞれの要素には〇〇Elem、ゲージの要素に対しては〇〇Gaugeという変数に格納しました。

続いてページをアクセスしてきた初期の値の変数を定義します。

初期値設定

Javascript

lv = 1,
questVal = 0,
exVal = 0,
gold = 0;

lvは1の値を、questVal、exVal、goldの値には0を代入します。

またこれらの値をHTMLにも反映させましょう。

Javascript

questValElem.innerHTML = questVal;
exValElem.innerHTML = exVal;
goldElem.innerHTML = gold;
questGauge.style.width = questVal + "%";
exGauge.style.width = exVal + "%";

innerHTMLを使い、表示されているそれぞれの要素の値を変更致します。また、ゲージを表示している要素(オブジェクト)のwidthの値をquestValとexValを参照に代入していきます。

これらの関数をsetStatusとしてまとめます。

Javascript

function setStatus(){
  questValElem.innerHTML = questVal;
  exValElem.innerHTML = exVal;
  goldElem.innerHTML = gold;
  questGauge.style.width = questVal + "%";
  exGauge.style.width = exVal + "%";
}

最後にこの関数を呼び出す様にしましょう。

setStatus();

ここまでのscriptは以下のとおりになります。

Javascript

function game(){
  var btn = document.querySelector('.btn'),
      questImg = document.querySelector('.questImg'),
      img = questImg.querySelector('img'),
      lvElem = document.querySelector('.lv > .val'),
      questValElem = document.querySelector('.quest > .val'),
      exValElem = document.querySelector('.ex > .val'),
      goldElem = document.querySelector('.gold > .val'),
      questGauge = document.querySelector('.quest > .Gauge > b'),
      exGauge = document.querySelector('.ex > .Gauge > b'),
      lv = 1,
      questVal = 0,
      exVal = 0,
      gold = 0;
      
  img.addEventListener('webkitAnimationEnd', function(){
    questImg.classList.remove('move');
  }, false);
  
  btn.addEventListener("click", function(){
    questImg.classList.add('move');
  }, false);
  
  function setStatus(){
    questValElem.innerHTML = questVal;
    exValElem.innerHTML = exVal;
    goldElem.innerHTML = gold;
    questGauge.style.width = questVal + "%";
    exGauge.style.width = exVal + "%";
  }
  setStatus();
}
window.addEventListener("DOMContentLoaded", game, false);

上記のscriptによって、ページにアクセスしてきた時、「Lvは1」「Quest進捗のゲージは0」「Exのゲージは0」「Goldは0」と表示されているかと思います。

ゲージの増加

更に、ボタンをクリックすると、「Quest進捗のゲージ」「Exのゲージ」「Gold」の値が増加するようにしましょう。仮に「ボタンをクリックする度に値が10増加」するということにします。

Javascript

questVal += 10;
exVal += 10;
gold += 10;</p>

上記の記述をbtn.addEventListener(“click”, function(){〜〜 内に記述し最後にパラメータをセットするためにsetStatus()を記述します。

Javascript

btn.addEventListener("click", function(){
  questImg.classList.add('move');
  questVal += 10;
  exVal += 10;
  gold += 10;
  setStatus();
}, false);

ここまでのデモページは以下のリンクから宜しくお願い致します。

デモページ

http://webcyou.com/demo/js/webstorage/index004.html

ここまでのscriptは以下のとおりとなります。

Javascript

function game(){
  var btn = document.querySelector('.btn'),
      questImg = document.querySelector('.questImg'),
      img = questImg.querySelector('img'),
      lvElem = document.querySelector('.lv > .val'),
      questValElem = document.querySelector('.quest > .val'),
      exValElem = document.querySelector('.ex > .val'),
      goldElem = document.querySelector('.gold > .val'),
      questGauge = document.querySelector('.quest > .Gauge > b'),
      exGauge = document.querySelector('.ex > .Gauge > b'),
      lv = 1,
      questVal = 0,
      exVal = 0,
      gold = 0;

  img.addEventListener('webkitAnimationEnd', function(){
      questImg.classList.remove('move');
  }, false);
  
  btn.addEventListener("click", function(){
    questImg.classList.add('move');
    questVal += 10;
    exVal += 10;
    gold += 10;
    setStatus();
  }, false);
  
  function setStatus(){
    questValElem.innerHTML = questVal;
    exValElem.innerHTML = exVal;
    goldElem.innerHTML = gold;
    questGauge.style.width = questVal + "%";
    exGauge.style.width = exVal + "%";
  }
  setStatus();
}
window.addEventListener("DOMContentLoaded", game, false);

 

今の段階だと、クリックする度に10ずつ増加するのですが、100%を超える値となってしまいますので、超えないように setStatus関数内に if(questVal >= 100){〜のように「100を超えると〜〜」のif文を追加します。

また、クリックすると本来のリンク先にも飛び index.html# のようなurlになっておりますので、本来のリンク先へのジャンプは無効にするようにします。

以下をそれぞれ追加

if(questVal >= 100){
      questVal = 0;
    }
    if(exVal >= 100){
      exVal = 0;
    }
e.preventDefault()

 

ここまでのデモページは以下のリンクから宜しくお願い致します。

デモページ

http://webcyou.com/demo/js/webstorage/index005.html

Javascript

function game(){
  var btn = document.querySelector('.btn'),
      questImg = document.querySelector('.questImg'),
      img = questImg.querySelector('img'),
      lvElem = document.querySelector('.lv > .val'),
      questValElem = document.querySelector('.quest > .val'),
      exValElem = document.querySelector('.ex > .val'),
      goldElem = document.querySelector('.gold > .val'),
      questGauge = document.querySelector('.quest > .Gauge > b'),
      exGauge = document.querySelector('.ex > .Gauge > b'),
      lv = 1,
      questVal = 0,
      exVal = 0,
      gold = 0;
  
  img.addEventListener('webkitAnimationEnd', function(){
      questImg.classList.remove('move');
  }, false);
  
  btn.addEventListener("click", function(e){
    e.preventDefault()
    questImg.classList.add('move');
    questVal += 10;
    exVal += 10;
    gold += 10;
    setStatus();
  }, false);
  
  function setStatus(){
    questValElem.innerHTML = questVal;
    exValElem.innerHTML = exVal;
    goldElem.innerHTML = gold;
    questGauge.style.width = questVal + "%";
    exGauge.style.width = exVal + "%";
  
  if(questVal >= 100){
      questVal = 0;
    }
    if(exVal >= 100){
      exVal = 0;
    }
  }
  setStatus();
}
window.addEventListener("DOMContentLoaded", game, false);

今回はここまでとなります。ちなみに実際に流通しているソーシャルゲームとは異なりますのでご了承のほどを宜しくお願い致します。

Comment

Related Article

iPhone5s,5c 発表!! という訳でAppleサイトの仕様とかについて

2013.09.15

HTML5 History APIについて

2013.02.26

FlashをCanvas等に変換 gree/LWF(Lightweight SWF)を使ってみました。その2

2013.02.11

FlashをCanvas等に変換 gree/LWF(Lightweight SWF)を使ってみました。

2013.02.11

HTML5 Webストレージでデータを保存 その6 複数保存(なんちゃってソーシャルゲーム・quest進捗、ex調整)

2013.02.10

HTML5 Webストレージでデータを保存 その5(なんちゃってソーシャルゲーム・Lv、Gold編)

2013.02.09

HTML5 Webストレージでデータを保存 その4(なんちゃってソーシャルゲーム・ゲージ)

2013.02.09

HTML5 Webストレージでデータを保存 その3(クエスト進行CSS3アニメーション)

2013.02.08

HTML5 Webストレージでデータを保存 その2(なんちゃってソーシャルゲーム作成)

2013.01.22

HTML5 Webストレージでデータを保存

2013.01.20

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

iPad Air で、Web開発環境構築(iSH Alpine使用)

mac

2021.04.11

【Qt】Mac開発 ソートダイアログ (拡張するダイアログ)を作成

C++

2021.04.01

M1 (Appleシリコン)Macで Widowsアプリを起動

mac

2021.03.27

M1(Appleシリコン)Macで、ファミコンソフトプログラミング。 サクッと開発環境準備編

Game

2021.03.21

iPad Air 2020を購入しちゃった件。

mac

2021.03.14

眠っているラズベリーパイをネットワークオーディオ化 Volumio2 インストール手順

RaspberryPi

2021.03.12

ラズベリーパイ 5インチDSIタッチスクリーン ディスプレイを使う。

RaspberryPi

2021.01.11

今年読んで良かった書籍は、「Go言語でつくるインタプリタ」でした。

イベント

2020.12.31

【Qt】Macの、Qt Creatorで Dialog GUI作成

C++

2020.12.29

【Qt】Macで、Qt Creatorをbrew installしてサクッと起動する。

C++

2020.12.14

Macで、Qt5 開発 QPushButton、QSliderなどウィジェット作成

C++

2020.12.13

M1搭載 Mac miniをついにポチった件。Appleさんに翻弄される日々の記録。

mac

2020.12.06

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US