このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

JavaScript

2018.12.23

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

どもです。

Vue.jsはかれこれ、使用して2年くらい経つのかも、経たないかも。

ガッツリと使用してきたのですが、主にwebゲーム作成での使用でした。

今回、所謂一般的な「Webサービス(Webアプリケーション)」を作成することもあって、色々漁っては見たものの

やっぱりVue.jsが実装も楽だなと言うことで、どうせならモダンなフロントエンド実装が良いなと思って

改めてNuxt.jsをガッツリ触り始めたのですが、やっぱり「超絶便利」ですね!

前回、こちらの記事で、軽く紹介させていただいたのですが(もう1年以上前なのかw)、改めて使用し始めたのですが、やはり便利ですね。

バージョンも2.3.4という事で、1年前よりもメジャーバージョンが上がったのではないのでしょうか?

 

今まであまり使用してこなかったのは、やはりWebゲームともなると、1画面で多ければ20個くらいAPIの非同期リクエストが発生したり、

インタラクションの為、恐ろしくDOMを動かしたり、勿論画面の状態管理が必要となってきたりして(ステートマシーンを利用したり)細かい調整が多々必要とされてきます。

そのため、一般的な「Webサービス(Webアプリケーション)」向けのフルスタックなフレームワークだと使用しない余分なパッケージが入ってきたりするので、nodeパッケージも個別で選定してインストールを行ったりし、リソースも最小限にします。

また、アーキテクチャも共通認識が持てる、枯れた設計であるOOP(オブジェクト指向)などを用いて作成したほうが無難に制作を進められたりします。

OOP(オブジェクト指向)と言えば、クラスに「状態」「処理」を持ったオブジェクトが疎結合の関係で設計されていくのですが、

通常の「Webサービス(Webアプリケーション)」のフロントエンド実装で用いようとすると、冗長に感じてしまうこともしばしばありました。

API通信も画面に対して1、2個。多くても5個とかではないでしょうか?

その様な場合、1方向データフロー設計であるFluxやRedux、Vue jsでは Vuexの設計を用いると、大きすぎず、比較的シンプルに状態管理が行えるように感じました。

と、まぁ、前置きはさておき、「Nuxt.js」が、「非常に楽だ。」と感じたところと、注意点を軽くピックアップしてみました。

 

Nuxt.js」のインストール方法などは、公式のこちらを参考に、割愛させていただきます。

 

 

webpack、nodeパッケージ管理が超絶楽

通常 Vue jsを使用して nodeパッケージをインストールしてくと、こんな感じで増えていき、(一部)管理も辛くなってきます。。

...
"autoprefixer": "9.3.1",
"aws-sdk": "2.353.0",
"babel-eslint": "10.0.1",
"babel-loader": "8.0.4",
"babel-plugin-lodash": "3.3.4",
"browser-sync": "2.26.3",
"cfonts": "2.2.3",
"chalk": "2.4.1",
"check-engines": "1.5.0",
"chokidar": "2.0.4",
"colors": "1.3.2",
"commander": "2.19.0",
"concurrently": "4.0.1",
"css-loader": "1.0.1",
"eslint": "5.9.0",
"eslint-config-airbnb-base": "13.1.0",
"eslint-config-prettier": "3.3.0",
"eslint-plugin-import": "2.14.0",
"eslint-plugin-prettier": "3.0.0",
"fs-extra": "7.0.1",
"glob": "7.1.3",
"html-loader": "0.5.5",
"html-webpack-plugin": "3.2.0",
"htmlhint": "0.10.1",
"husky": "1.1.3",
"json-server": "0.14.0",
"lint-staged": "8.0.4",
"lodash-webpack-plugin": "0.11.5",
"mini-css-extract-plugin": "0.4.4",
"node-sass": "4.10.0",
"optimize-css-assets-webpack-plugin": "5.0.1",
"postcss-loader": "3.0.0",
"postcss-syntax": "0.34.0",
"prettier": "1.15.2",
"prettier-stylelint-formatter": "0.5.1-beta.2",
"progress-bar-webpack-plugin": "1.11.0",
"pug": "2.0.3",
"pug-loader": "2.4.0",
"sass-loader": "7.1.0",
"shelljs": "0.8.2",
"style-loader": "0.23.1",
"stylelint": "9.8.0",
"stylelint-config-prettier": "4.0.0",
"stylelint-config-recommended-scss": "3.2.0",
"stylelint-scss": "3.4.0",
"uglifyjs-webpack-plugin": "2.0.1",
"webpack": "4.25.1",
"webpack-build-notifier": "0.1.30",
"webpack-bundle-analyzer": "3.0.3",
"webpack-cli": "3.1.2",
"webpack-merge": "4.1.4",
"axios": "0.18.0",
"dom-helpers": "3.4.0",
"lodash-es": "4.17.11",
"vue": "2.5.17",
"vue-class-component": "6.3.2",
"vue-iscroll-view": "1.0.3",
"vue-touch": "2.0.0-beta.4",
"ts-loader": "4.1.0",
"ts-node": "^7.0.0",
"tslint": "^5.9.1",
"tslint-config-airbnb": "^5.8.0",
"tslint-config-prettier": "^1.10.0",
"tslint-plugin-prettier": "^1.3.0",
"typescript": "2.8.1",
"typings": "^2.1.1",
"webidl-conversions": "^4.0.2",
"iscroll": "^5.2.0",
"countdown-timer-js": "^1.0.3",
"vue-iscroll-view": "^1.0.3",
...

プロジェクト毎に考えるのを少々辛くなってくるのですが、「Nuxt.js」だと、この辺も最初のcreate-nuxt-appで選択すれば、 「Nuxt.js」側がインストール「Nuxt.js」内で閉じてくれているので、管理も楽です。

また、冗長になりやすい webpackの設定・エコシステムなど、ビルドプロセスも「Nuxt.js」が隠蔽(ラップ)してくれてて超絶楽です。

とは言え、アプリケーションの設定は必要です。

アプリケーション側にパッケージ、プラグイン設定を行う場合は、すべて「nuxt.config.js」に設定すればオッケーです。

 

Atomic Design」のCSSフレームワークである「atomic-package」を使用したい場合。

 

npm installコマンドでインストール

$ npm install @atomic-package/css

nuxtの設定ファイルである「nuxt.config.js」を修正

nuxt.config.js

/*
** Global CSS
*/
css: [
  '@/@atomic-package/css/dist/atomic-package.css',
  '...
],

ボタンを表示される要素の記述。

Vueファイル

<p class="btn" />

これでもう、Atomic Design ベースの CSSボタンが表示されます。

超絶楽ですね。

 

ルーティングが超絶楽

nuxt.config.js」の modeで「SPA」か「SSR」を選択できます。

こちらを spaに設定。

mode: 'spa'

「pages」ディレクトリ以下の「Vueファイル(〇〇.vue)」は、「Nuxt.js」がページと認識し、自動的にVue Routerの設定を行ってくれます。

例えば、以下の様に、pages/recipe があるとすると

{
  path: "/recipe/detail",
  component: _24157e40,
  name: "recipe-detail"
},
{
  path: "/recipe/edit",
  component: _52345939,
  name: "recipe-edit"
},
{
  path: "/recipe/:id",
  component: _021e4a4a,
  name: "recipe-id"
}

と言った具合に自動的に、Vue Routerの設定を行ってくれます。

Nuxt.js」は、_〇〇.vue と、アンダースコア以降の名前をプロパティ名と認識するようで、

自動的に「params」に代入されます。

これらの仕組みがありますので、サクッとSPAページを作成する場合。

対象のファイルを「pages」ディレクトリ以下に作成。

 

ルーティングのリンクの設定は「nuxt-link」で設定。

<nuxt-link to="/recipe/detail"></nuxt-link>

idをパラメータに渡したい場合は、以下のように「name」「params」を「:to」でバインドさせます。

<nuxt-link :to="{ name: 'recipe-id', params: { id: recipe.id }}">

わざわざ、Vue Routerも個別にインストールしなくて良いので、非常に楽です。

Reduxが超絶楽

Nuxt.js」では、「store」ディレクトリ以下のファイルを「Vuex」のファイルとして認識します。

ネットでもちょこちょこ見かけるのですが、storeディレクトリ以下に「index.js」を作成し、

以下の様に記述。

クラシックモード記述

const store = new Vuex.Store({
  state: {
    count: 0
  },
  mutations: {
    increment (state) {
      state.count++
    }
  }
})

とこれら、Vuexの「クラシックモード」での記述となります。

こちらでも問題なく動作するかと思いますが、より Nuxtを便利に扱いたいのであれば

「new Vuex.Store(..)」の記述も必要ない「モジュールモード」を活用すると良さそうです。

export const state = () => ({
  state: {
    count: 0
  }
})

export const mutations = () => ({
  increment (state) {
    state.count++
  }
})

こちら何が便利かというと、ファイル単位でモジュール化を行えることができます。

todo.jsを作成し以下を記述。

store/todos.js

export const state = () => ({
  list: []
})

export const mutations = {
  add (state, text) {
    state.list.push({
      text: text,
      done: false
    })
  },
  remove (state, { todo }) {
  state.list.splice(state.list.indexOf(todo), 1)
  },
  toggle (state, todo) {
    todo.done = !todo.done
  }
}

以下のようにクラシックモードの記述と同等となります。

自動で「modules」を作成してくれるので管理もしやすいですね。

new Vuex.Store({
  state: () => ({
    counter: 0
  }),
  mutations: {
    increment (state) {
      state.counter++
    }
  },
  modules: {
    namespaced: true,
    todos: {
      state: () => ({
        list: []
      }),
      mutations: {
        add (state, { text }) {
          state.list.push({
            text,
            done: false
          })
        },
        remove (state, { todo }) {
          state.list.splice(state.list.indexOf(todo), 1)
        },
        toggle (state, { todo }) {
          todo.done = !todo.done
        }
      }
    }
  }
})

Vueファイルから呼び出す場合

export default {
  computed: {
    todos () { return this.$store.state.todos.list }
  },
  methods: {
    addTodo (e) {
      this.$store.commit('todos/add', e.target.value)
      e.target.value = ''
    },
    ...mapMutations({
      toggle: 'todos/toggle'
    })
  }
}

 

componentとpageの違い

公式サイトより引用

components ディレクトリには Vue.js のコンポーネントファイルを入れます。Nuxt.js は components ディレクトリ内のコンポーネントの data メソッドについては手を加えません(訳注: 一方、Nuxt.js は pages ディレクトリ内のコンポーネントの data メソッドには非同期データを扱えるよう手を加えます)

どうやら、componentsディレクトリは通常のVue.js として扱われそうな感じです。

実際に、pages以下で使用できる非同期データ取得の

export default {
  asyncData (context) {
    return { project: 'nuxt' }
  }
}

 

は、component以下のVueファイルでは使用できない様子でした。

また、Storeをvueファイルから「this.$store」で参照できるのも、pageディレクトリ以下のvueファイルに限られている様子です。

pages以下のVueファイルでStoreを参照

this.$store.state.user

と、言った感じで「Nuxt.js」の便利さをざっとではありますが、ピックアップしてみました。

次回は、「Nuxt.js」で、サクッとSNSを作成でも書ければと思います。

ではでは。

Comment

Related Article

SPAサイトでの認証認可 JWT✗Rails5✗Nuxt.js

2019.03.24

Nuxt.js と auth-module (@nuxtjs/auth)で、JWT(JSON Web Tokens)& OAuth 認証 ログイン

2019.02.21

ブラウザフィンガープリントは、Cookieの代用となるのか? JSライブラリ Fingerprintjs2など。

2019.02.03

Vue.jsでSPA、Vuex使用するなら Nuxt.jsが超絶便利な件。

2018.12.23

nodeのない環境にnodeを導入(HTML5ゲームも提供)し続け、1年数ヶ月経過後、かなり開発環境が整ってきたお話。

2018.09.26

Vue.js + SSR (Universal JavaScript)環境を、「NUXT.js」でサクッと構築する方法。

2017.10.09

フロントエンド開発が捗る JSON Serverについて

2017.07.10

技術書、参考書のしおりには【BOOK DARTS】がオススメ!

2017.07.01

会社で npm Private導入して、1ヶ月で8個ほどパッケージ作成したお話。

2017.06.02

Vue.js が予想以上に良かったので、既存WordPressに導入。Vue.js (vue-class-component) + TypeScript + WordPress で作る、記事読み込み component 「実装編」

2017.03.26

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

Ubuntu 18.04 LTSで OpenGL開発

ubuntu

2019.05.20

MacOS Mojave (10.14.4)の Xcode に、過去のMacOSのSDKをインストール

C++

2019.05.19

クローンソフトの「EaseUS Disk Copy」を使って、OSのバックアップを取ってみた。

tool

2019.05.06

Rails5 gemでmysql2が インストールできない

Ruby

2019.05.05

平成最後のお買い物!!「Logicool MX Master 2 Wireless Mouse」と「K780 マルチデバイス BLUETOOTH® キーボード」で快適PC生活。

ubuntu

2019.04.27

Amazon 87時間のビックセール タイムセール祭りで購入したもの

イベント

2019.04.23

Androidに Linuxを簡単にインストールするアプリ「UserLAnd」

Linux

2019.04.16

SPAサイトでの認証認可 JWT✗Rails5✗Nuxt.js

JavaScript

2019.03.24

CentOS MySQL(MariaDB) を バージョン10.3に yumでアップデート

MySQL

2019.03.22

Ubuntu 開発環境構築まとめ

ubuntu

2019.02.25

Nuxt.js と auth-module (@nuxtjs/auth)で、JWT(JSON Web Tokens)& OAuth 認証 ログイン

JavaScript

2019.02.21

HerokuでRailsをビルド buildpack、Rubyバージョンでエラー

エラー

2019.02.13

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US