このサイトは、只今WEB業界で活躍中のデザイナー、プログラマーの方々の情報を集めたweb統合情報サイトです。

Archives Details

Ubuntu 開発環境構築まとめ

ubuntu

2019.02.25

どもです。

最近、もっぱらUbuntuの今日このごろなのですが、Ubuntuを使い始める際の必要そうな開発環境構築に関して、ざっとまとめてみました。

Ubuntu(Linux)も正式にbrewが利用できるようになって、brewを用いたインストールを行えば楽にインストールできるかもしれませんが、とりあえず今回は、brew無しでの開発環境構築となります。

スペックは以下の通り。

スペック

  • OS: Ubuntu 18.04 LTS
  • メモリ: 15.6G
  • CPU: Intel Core i7-7500U 2.7GHz × 4
  • GPU: Intel HD Graphics 620
  • 64ビット

Ubuntu 開発環境構築まとめ

共通

apt-getをアップデート

$ sudo apt-get update
Git

まずは、Gitからと。

apt-get コマンドでインストール

$ sudo apt-get install git

以下のコマンドで、Gitのバージョンが表示すれば成功です。

$ dpkg -l git

Gitの初期設定

$ git config global user.name (任意のユーザ名)
$ git config global user.email (任意のメールアドレス)

curl

続いて、curl。こちらもapt-getコマンドでインストールできます。

$ sudo apt-get install curl

node.js npm

続いて、node.jsとnpmのインストールとなります。

node.jsとnpm、まとめてインストールします。

$ sudo apt install -y nodejs npm

node.jsのバージョン管理パッケージは色々ありますが、最近は「n」が使いやすいので、今回もnpm経由で「n」をインストールします。

$ sudo npm install n -g

-g のオプションで、globalにインストールします。

n stableで、公式の最新のバージョンをインストールする

$ sudo n stable

n ltsで、LTS(Long Term Support)版をインストールできます。

$ sudo n lts

最初に入れた古い nodejs, npm は消しておきます。

$ sudo apt purge -y nodejs npm
$ exec $SHELL -l

バージョンを確認。表示すればオッケー。

$ node -v
v11.0.0

バージョンの一覧表示

$ n list

特定のバージョンへ切替え

$ n 11.1.0

npm を最新にする

$ sudo npm install npm@latest -g

vim

vimエディタをインストール

$ sudo apt install vim

Ruby

国産言語であるRubyをインストールできるようにします。

Rubyバージョン管理パッケージの rbenvを追加していきます。

rbenvのインストール(レポジトリclone)

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

環境変数を設定

環境変数を設定していきます。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"

上記の環境変数を、.bashrcなどに追加します

echoコマンドを用いて追加していきます。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

.bashrcの追加を適応

$ source ~/.bashrc

ruby-buildのインストール

$ mkdir -p "$(rbenv root)"/plugins
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build

依存パッケージをインストール

$ sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev libreadline-dev

Rubyのインストール

インストール可能なRubyの一覧を表示

$ rbenv install -l

指定したバージョンのRubyをインストール

$ rbenv install 2.6.0

通常使うRubyのバージョン(グローバル)を指定

$ rbenv global 2.6.0
各アップデート方法

rbenvのアップデート

$ cd ~/.rbenv
$ git pull

ruby-buildのアップデート

$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build/
$ git pull

RubyGemsのアップデート

$ gem update --system

python(pyenv)

現在のバージョンを確認。

$ python -V
Python 2.7.15rc1

Python2系なのが確認できました。

3系を使用できるように、バージョン管理パッケージの pyenvを追加していきます。

必要なパッケージのインストール

$ sudo apt-get install gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

描画系ライブラリパッケージのインストール

$ sudo apt-get install python3-tk tk-dev python-tk libfreetype6-dev

pyenvインストール(レポジトリclone)

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

環境変数の設定

環境変数を設定していきます。

export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"

上記の環境変数を、.bashrcなどに追加します

echoコマンドで追加

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv" >> ~/.bashrc
echo 'export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc

.bashrcの追加を適応

$ source ~/.bashrc

pyenvのバージョン確認

$ pyenv --version
pyenv 1.2.9-16-g9baa6efe

インストールリストを表示

$ pyenv install --list
...
3.5.6
3.6.0
3.6-dev
3.6.1
3.6.2
3.6.3
...

3.6.1のバージョンを選択してグローバルにインストール

$ pyenv global 3.6.1

バージョン確認

$ python -V
3.6.1

Visual Studio Code

こちらも定番のエディタ。

Lubuntuにインストールするときみたく、Ubuntuでは苦労することなく以下のダウンロードページよりファイルをダウンロードしてインストールできました。

ダウンロードページ

https://code.visualstudio.com/Download

gimp

PhotoShotpの代用としてのツール「gimp」

18.04では、以下のコマンドで、すんなりとインストールすることができました。

sudo add-apt-repository ppa:otto-kesselgulasch/gimp
sudo apt-get update
sudo apt-get install gimp

以下を参考に

http://ubuntuhandbook.org/index.php/2018/04/how-to-install-gimp-2-10-in-ubuntu-18-04-17-10-via-ppa/

Docker

最後は、Docker。

ちょっとコマンドが多めとなっています。

こちらの公式ドキュメントを参照

https://docs.docker.com/install/linux/docker-ce/ubuntu/

とりあえず、apt-getをアップデート。

$ sudo apt-get update

以下のパッケージをインストール。

sudo apt-get install -y \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    software-properties-common

docker公式のGPG公開鍵をインストールします。

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

ここで、公開鍵のフィンガープリントを確認。

$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
pub   rsa4096 2017-02-22 [SCEA]
9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
uid           [ unknown] Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>
sub   rsa4096 2017-02-22 [S]

aptコマンド用のリポジトリを追加。

x86_64

sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

docker-ceをインストールする準備ができましたので、
再び、apt-getをアップデート。

$ sudo apt-get update

以下のパッケージをインストール。

$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

Dockerコマンドでバージョン確認

$ docker version
Client:
 Version: 18.09.1
 API version: 1.39
 Go version: go1.10.6
 Git commit: 4c52b90
 Built: Wed Jan 9 19:35:31 2019
 OS/Arch: linux/amd64
 Experimental: false

dockerイメージのhello-worldを実行。

$ docker run hello-world
Hello from Docker!

Yes!

また、docker-ceパッケージなどは、バージョン指定してインストールも行えるようです。

その方法は、以下でバージョンを確認。

$ apt-cache madison docker-ce
docker-ce | 5:18.09.2~3-0~ubuntu-bionic | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 5:18.09.1~3-0~ubuntu-bionic | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 5:18.09.0~3-0~ubuntu-bionic | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 18.06.2~ce~3-0~ubuntu | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 18.06.1~ce~3-0~ubuntu | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 18.06.0~ce~3-0~ubuntu | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages
docker-ce | 18.03.1~ce~3-0~ubuntu | https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic/stable amd64 Packages

インストールしたいバージョンを指定。

sudo apt-get install docker-ce=<VERSION_STRING> docker-ce-cli=<VERSION_STRING> containerd.io

といった具合に、Ubuntuの開発環境のまとめでした。

思いついたら更新します。

ではではぁ。

Comment

Related Article

Ubuntu 18.04 LTSで OpenGL開発

2019.05.20

平成最後のお買い物!!「Logicool MX Master 2 Wireless Mouse」と「K780 マルチデバイス BLUETOOTH® キーボード」で快適PC生活。

2019.04.27

Ubuntu 開発環境構築まとめ

2019.02.25

CATEGORY LIST

LATEST NEWS

kindleストア7周年記念セール中!技術書なども40%OFF以上でお買い得!(11/7まで)

イベント

2019.10.28

あと10日で「jsdo.it」のサービスが終わってしまう!! ソースダウンロードまだの方は急げぇ〜!

JavaScript

2019.10.21

Arduino IDEとArduino接続して、サクッと設定。

電子工作

2019.08.15

ついに、M5Stack Gray 購入!! その他諸々、購入したボードの振り返りなど。

電子工作

2019.08.12

正規表現 先読み後読み 論理積

JavaScript

2019.07.28

PythonでGUIアプリ開発「PyQt」を使った感想

Python

2019.07.18

「二段階認証?」という方も 5分で覚える パスワードレス WebAuthnのまとめ

JavaScript

2019.07.07

上級者向け JavaScript 問題集 「javascript-questions」日本語翻訳担当してます。

JavaScript

2019.06.22

Wordpress サイトで、長時間 500 Internal Server Error発生。解決した方法とは。

WordPress

2019.06.18

Ubuntu 18.04 LTSで OpenGL開発

ubuntu

2019.05.20

MacOS Mojave (10.14.4)の Xcode に、過去のMacOSのSDKをインストール

C++

2019.05.19

クローンソフトの「EaseUS Disk Copy」を使って、OSのバックアップを取ってみた。

tool

2019.05.06

RANKING

Follow

SPONSOR

現在、掲載募集中です。



Links

About Us

WEBデザイナーの、WEBデザイナーによる、WEBデザイナーの為のサイト。「みんなで書こう!」と仲間を募ってみたが、結局書くのは自分だけとなってしまいました。日々のメモを綴っていきます。

Entry Profile

Graphical FrontEnd Engineer
- Daisuke Takayama

MAD CITY 北九州市で生まれ育つ。20代はバンド活動に明け暮れ、ふと「webデザイナーになりたい。」と思い、デジタルハリウッド福岡校入学。卒業後、数々の賞を受賞、web業界をざわつかせる。
現在、主に、ゲーム制作中心に港区六本木界隈で活動中。

FOLLOW US